ホーム > タグ > RFID

RFID

スマートフォンやスマートウォッチ、タブレットやノートPCのハッキングを防ぐRFIDブロッキングケース「RFID Faraday」

みなさんはセキュリティーについて真剣に考えた事はありますか?
特にスキミングと言って、電波を使って知らない間にICカードの情報を盗み取る犯罪についてです。
昔はカードに貼れてた磁気テープからダイレクトにデータを抜くしか方法はありませんでしたが、今ではかざすだけでSuica等の交通系ICカードサイズカードなら駅の改札を通れたり、WAONやnanaco等のICカードはレジに置いてあるカードリーダーにかざすだけで決済できるなど、電波でカードに記録されたデータのやりとりを行っていますので、日本でも安全ではありません。
ましてやこれらカードには先にチャージしておかなければ使えないと言う制約があり、もしスキミングされて情報を盗まれたとしてもクレジットカードと紐付けをしてオートチャージ等の設定をしていなければ被害も最小限に止める事ができますが、iPhone7以降のiPhoneやAppleWatch Series 2以降のAppleWatchに搭載されたApplePayはQUICPayやiDの番号を自動で振り当て、これらApplePayは後払いな為にチャージの必要はなく、それこそスキミングされたら大変です。

そんなICカードだけではなく、スマートフォンやスマートウォッチまでをもガッチリガードしてくれるのがこの「RFID Faraday」です。

全文を読む

ボタン1つでカードがトースターの様にポンと飛び出て来るクイックアクセス・カードケース「Exo」

今回紹介するカードケース「Exo」には5~7枚(カードは最低でも5枚は入れておかないと逆さまにすると抜け落ちる可能性がありますので、できるだけMAX入るだけ入れた方がこの「Exo」に限ってはベターな様です)のクレジットカートやキャッシュカード、交通系のICカード等を入れる事ができるカードケースで、指先で「Exo」の下のレバー!?スイッチをちょっと押し上げるだけで中に入ったカードが階段状になってなって飛び出て来るタイプのカードケースなのですが、この階段状になって出て来ると言うのが、このカードケースの一番の利点で、普通のカードケースや財布ではカードを重ねて同じポケットに入れているとカードを1枚1枚取り出してはカードのデザインを確認して目的のカードを見つけなければなりませんが、この「Exo」では段差がついて飛び出て来てカードケースに入っているカードの端の部分が全て見えますので、すぐにカードのデザインで目的のカードを見つけ出して取り出し、そして素早くスムーズに決済する事ができます。

全文を読む

トースターの様にポンと飛び出るカードケース「Craft Wallet 2.0」

みなさんの周りいは財布を持ち歩いていないと言う方はおられますでしょうか?
と言いますのも、iPhone 7以降のiPhoneやAppleWatchを利用してApplePayで支払えるばかりか、モバイルSuicaで電車やバスに乗る事もできればコンビニ等での支払いも可能になりましたし、自動販売機でも電子マネーに対応した自動販売機も増えて来ましたので、iPhoneやAppleWatchを持ってさえいえば何でも買えそして移動も自由にできるなどキャッシュレスでスムーズに支払いができる様になりましたので現金を持つ意味もほぼなくなりつつあります。
一方ポイントカードでもTポイントや楽天ポイント他数多くのポイントカードがスマートフォンのアプリで管理できる様になっており、スマートフォンの画面にバーコードを表示すればポイントも加算してくれるなど、カード類と言うものをほぼ持ち歩かなくても良くなって来ていますので、これもキャッシュレス。カードレスを推進する為の要因にもなっています。
ただこれだけ便利になったと言っても、WAONやnanaco,楽天Edyは未だにiPhoneには対応していませんから、これらカードをメインに使っている人はiPhoneやAppleWatchの他にカードを持ち歩かなくてはいけませんので、そう言うスマートフォンのアプリケーションでは管理できないクレジットカードや電子マネーカードを使っている方にオススメなのが、重さがたった40gしかなく大きさもクレジットカードを縦横数mmだけ大きくした様なこの「Craft Wallet 2.0」を今回は詳細させてもらいます。

全文を読む

Home > タグ > RFID

New Topics

Return to page top