ホーム > タグ > TFT

TFT

え!?液晶画面の上をホンモノの針がカチカチと動いているスイス製スマートウォッチ「ZeTime」

 スマートウォッチが各社からこぞってリリースされた2〜3年前というのは、スマートウォッチを持てば、あれもこれもできて生活が劇的に変化するなんて事が言われて持て囃されたものですが、今ではスマートウォッチを身につけていると”スマートウォッチ持ってるの!!使ってるの!!へぇ〜”みたいな、どうしてそんなに便利でもないものを使っているの?みたいな目で見られる事の方が多いのも事実です。
 と言いますのも”スマートウォッチ=バッテリーの持ちが悪い”と言う知識が既に世間の人に知れ渡っており、使えば使うほどすぐにバッテリー切れを起こすので、時計の形をしたブレスレットとしてしか使い道がないと思っているからです。
 では何故バッテリーがそんなに早く減るのか?それは電気をたくさん消費するモニターを搭載しているからです。中には省電力の有機ELディスプレイを搭載してバッテリーの持ちを良くしたスマートウォッチもありますが、この「ZeTime」ではあえて針をつける事でバッテリー消費を抑えています。

全文を読む

専用エディタで驚くほど簡単に画面設計ができるTFTタッチパネル「Nextion」

あなたはArduinoやPICを使ってタッチパネルを使用した装置の開発をした事はありますか?
やった事のある方ならその苦労はご存じのはず。Arduino用のTFTタッチパネルシールドは結構種類がありますが、その表示の制御は全てコントロールボードとなるArduinoやPICで行わないといけません。画面の表示の他に入力の制御まで全てコントロールボードでやらないといけないので、限られたメモリーでソースを書くのは大変です。ましてや画像を表示させるとなるとSDカードを読みに行ってそれを画面に表示。ライブラリがあるからまだソースを書く手間はマシですが、それでも使えるメモリー空間は減ってしまいます。

さて今回indiegogoで見つけたiteadstudioのTFTタッチパネル「Nextion」。iteadstudioと言う会社が作ったのですが、この会社、Arduino互換機やシールドを出している会社でDX.comでたまに購入していたりして知っていたので、迷わず中国メーカーですがポチッっとしてしまいました。
価格の安さも魅力ですが、何と言ってもTFTパネル側にSDカードスロットがあり、表示データは全てTFTパネルボード側のSDカードに入れておけばよく、制御はUARTの2線で制御できる!!ってのが超魅力的です。タッチパネルの入力もTFTパネルボード側がやってくれて、入力処理もTFT側。ArduinoやPIC側ではUARTで送られて来るデータを見て処理すればいいのですから、想像するだけでコーディングが楽になりますよね。

しかも専用エディタでD&Dで画面設計できるのですから、簡単にタッチパネル搭載の装置を開発する事ができ、画面設計のややこしいゴチャゴチャした処理をソースの中に埋め込まないでいいとなると何かワクワクします。

全文を読む

1.5インチOLEDが搭載されたArduino互換機「Pixelduino」再び

こちらで1か月ほど前に紹介した「Pixelduino」ですが、目標資金を集められませんでした。そこで目標金額を半分の$7500に設定して再度募集を開始しております。

Pixelduinoは1.5インチの128×128pixelのOLEDがオンボードされたArduino互換機です。最初からAdafruit’s GFX libraryの利用を前提に設計されているので、Adafruit社のサイトからサンプルのスケッチ等はすぐにダウンロードして来て試すことは可能ですし、MicroSDカードスロットも装備しているので、専用アプリを使って変換した画像をそのままロードして描画することもできます

今までシールドとしてArduino基板やオリジナルな互換機にドッキングできるTFTディスプレイやOLEDディスプレイシールドは多数ありました

またスケッチの書き込みにはFTDIシリアルアダプタを使用する為に、GND,電源、RX,TXピンは標準FTDIシリアルアダプタに合わせて並んでいる。

前回、Pledgedしたけれど、あえなく目標達成しなくて購入できなかった方、今回はさすがに目標金額は達成できそうです。
ページは移動して下記ページになっていますので、再度Pledgedしてみてください

https://www.kickstarter.com/projects/rabidprototypes/the-pixelduino-an-arduino-with-an-awesome-oled-dis

Home > タグ > TFT

New Topics

Return to page top