ホーム > タグ > USB-C

USB-C

iPhoneやiPad,Androidを早くしかも安全に充電するコントローラー内蔵マグネットアダプタ「Magcord」

 今回紹介するマグネット式の充電ケーブル「Magcord」ですが、このこの「Magcord」はただのマグネットケーブルではなくコネクタ部分に電圧・電流の制御回路を搭載したマグネットコネクタで、このマグネットコネクタ「Magcord」を使用してスマートフォンやタブレットを充電する事でスマートフォンやタブレットに内蔵されたバッテリーは適切な電圧・電流で充電されますから「Magcord」を使って充電する事でバッテリーを保護しバッテリーを長持ちさせます。

全文を読む

世界初USB-Cポートを搭載したソーラーパネル内蔵12,000mAhモバイルバッテリー「SOLARTAB C」

 昨年の夏から投入されているハイエンドのAndroidスマートフォンの充電・データ通信端子がmicroUSBからUSB-C端子へ変更されているのはご存じでしょうか?と言いますのも、5年ほど前はまだパケット通信料も高かったのでスマートフォンはフューチャーフォン(ガラゲー)よりは遙かに便利に使えると言う程度の位置づけで使っている方がほとんどだったので”バッテリーの連続稼働時間(バッテリーを1回フル充電した時に何時間使用できるのか?)”もあまり問題視されてはいなかったのですが、スマートフォンが年々、高機能化するに連れてPCの代わりにスマートフォンをメインに使う様になりスマートフォンの使用率・依存度・使用形態が変化するに連れて1日中ずっとスマートフォンを操作していると言う方も増えて来て(ポケモンGOを1日プレイしているなど)、バッテリーの持ちの問題がクローズアップされて来る様になって来たのですが、バッテリーを長持ちさせようとするとハードそのものの消費電力を抑えるか、大容量のバッテリーを搭載するしかないのですが、ハードの省電力化もバッテリーのエネルギー密度の向上も頭打ちでこれ以上バッテリーを大きくして搭載量を増やすしか連続稼働時間を延ばす術はありません。
 そこでスマートフォンを製造している会社が考えたのがバッテリーを急速充電する事で、ほんのわずかな時間でも充電器に接続すれば充電容量を回復できる技術の導入で、その規格と充電チップを作っているメーカーの1つが”Qualcomm”と言うメーカーなのですが、この”Qualcomm”が作った充電規格”Quick Charge 3.0″は何とXperi, HTC10, Xiaomi等の有名メーカーの(Nexus6Pは独自の急速充電規格を採用しています)最新のスマートフォンの殆どに採用されており5V3Aで最大充電できますので今までの倍のスピードで充電できる事になります。
 ですが、microUSBでは規格上最大で5V1.5Aでしか充電できませんからそこで3A流せるUSB規格と言う事で採用されたのがUSB-Cコネクタだったと言うわけです。ですからこれからのモバイルバッテリーはUSB-C端子を備え、5V3Aで充電できなければ将来、機種変更した時に今まで使っていたモバイルバッテリーはもう充電には使用できないと言う事になりかねません。

 ですから今回紹介する「SOLARTAB C」は将来を見据えていち早く、USB-C端子を備えQC3.0にも対応しています。

全文を読む

Mac Book Pro 2016(Later)にジャストフィットするUSB-Cマルチポート・ハブ「cPro」

 Mac Book Pro 2016(Later)がみさんの手元に届いてそろそろ1ヶ月が経過しようとしており、Mac Book Pro 2016(Later)に対応した液晶フィルムやキーボードカバー、USB-C対応のハブと種類も少しずつではありますが、種類も増えて来て選択肢も増えて来ましたが、いかんせん製品は見つけてもそれを実際に使った人のレビュー記事や投稿は少なく買っていいものかどうか?思案しかねていると言う方も多いかと思います。
 特にAppleユーザーは製品そのものが美術品の様でもありますからその製品のフォルムを大事にしようと言う傾向もあり、いくら製品の性能が良くてもフォルムを壊す様な製品は敬遠される事も多いのです。そんなMacユーザーにオススメするのがこのマルチポート・ハブ「cPro」で遠目に見たのではハブをつけているのが全くわからないほどMac Book Pro 2016(Later)にピッタリと装着する事ができるハブなのです。

全文を読む

Home > タグ > USB-C

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。