ホーム > タグ > VR

VR

スマートフォン用VR-DOFポジショントラッキングシステム「NOLO」

 昨年はVR(仮想現実)元年とも言われ数々のVRヘッドマウントディスプレイがリリースされスマートフォン向けのコンテンツも豊富にありますが、何か物足りないと思った事ってありませんでしょうか?
と言いますのもスマートフォンで体験する仮想現実(VR)はヘッドトラッキングと言って頭の向きに合わせてスマートフォンのディスプレイに映し出す映像は動きますが、その中のものを動かしたりだとか何かアクションを起こして映像に変化を出すと言う事ができません。これはスマートフォンのディスプレイが本来はディスプレイと入力デバイスとしての役割を果たしているのに、ヘッドマウントの中に入れてしまってディスプレイを触れなくしてしまっている為に入力デバイスとしては使えないからです。ですから、その不便さを補う為に登場したのがこのDOFモーショントラッキングシステム「NOLO」です。

全文を読む

4つのレンズで自然な3D360度VR映像が撮影可能な4Kカメラ「TwoEyes VR camera」

 昨年はVR元年とも言われスマートフォンでも簡単にVR映像が楽しめるアダプタが安価で手に入る様になりましたので、1度や2度は何かの機会にVR体験をしてみたと言う方も多いかと思いますが、実際のところ立体に見えるVR映像ってどうやって作られるのかご存知ですか?
 例えば右目だけをを閉じて見た風景と左目だけをを閉じて見た風景って若干ながら見ている風景に差があるのがわかるかと思いますが、脳の中で左右の目から得られた風景映像の差から奥行きつまり目標物までの距離を割り出して処理する事で見ている風景を立体的に捉える事ができるのですが、それと同じでVR映像と言うのは簡単に説明すると1枚の画像を左目用の映像は中心部分からある距離(ピクセル)だけ右にスライドさせた画像を用意し、右目用は左に左目用と同じ分だけスライドさせた画像を用意して同時に左右の目にそれぞれの画像を見せる事で擬似的に立体的に見せており、360度パノラマ映像などは中心点から左目用は右に中心点を移動させて映像を切り取り、右目用は元の中心点から左に同じ分だけ中心点を移動させて同じ大きさの映像を切り取って見せる事で立体的に見せています。

 ですから市場に出回っている360度撮影可能なカメラと言うのはパノラマ映像が撮影できるだけで本当の意味での3D映像ではなく、見る方が立体的に見えると錯覚しているだけで、実は360度VRカメラは3Dカメラではないです。ですがこの「TwoEyes VR camera」は違い本当の意味での3DVRカメラです。

全文を読む

PC用のWEBカメラとしても利用可能なAndroid用360°撮影VRカメラ「Insta360 Air」

 昨年はVR元年とも言われ数多くのVR(バーチャルリアリティ)ヘッドマウントディスプレイが発売されましたし、スマートフォンをVRディスプレイに変身させるアダプタも数多く発売され、コンテンツも充実してVR映像やゲームに触れられた方も多いかと思いますが、コンテンツを自ら作ろうと思うとまだまだ価格的にもハードルは高く手軽にVR映像を撮影して家族や友人と共有すると言う環境にはありません。
 ですがそれも昔の話で、この「Insta360 Air」は今までのVRカメラと比べて半値以下で購入でき、しかもAndroidスマートフォンのmicroUSBやUSB-C端子に直接差し込んで撮影できますので、Androidスマートフォンがモニターにもなりライブで映像を確認しつつ撮影する事が可能です。

全文を読む

Home > タグ > VR

New Topics

Return to page top