特許出願中のMoonLock機能が何とも斬新な、かまぼこの様な形が特徴のバックパック&クロスボディーバッグ「LIO」

世の中にはたまに、へぇ〜と驚かされ関心されられる様な事が多々あります。
こんな事にこれが使えるんだ、と言う様な事や、アレをコレに使うとは…..と言う様な事、その他本当に自分の知識や見聞の少なさを実感されられる事が多々あります。

今回紹介しますバックパックとクロスボディーバッグは留め具と言いますかバッグの蓋にみなさんがよく目にするあの箱の原理を流用する事で思わぬ効果をいくつももたらしている、ある意味この使い方が世間一般で広く知られるときっと同じデザインのバッグが出て来るだろうなと予測でき、へぇ〜と思わず関心してしまう「LIO」シリーズをご紹介致します。


“特許出願中のMoonLock機能が何とも斬新な、かまぼこの様な形が特徴のバックパック&クロスボディーバッグ「LIO」” の続きを読む

初心者が買うべき最初の、スマートフォンをそのままダイブコンピュータにしてしまう「DIVEROID mini」

現在のダイビングにおいて必須アイテムともなっているのダイブコンピュータ(通称ダイコン)です。
ダイビング未経験の方はちょっとわかり辛いでしょうが、これからダイビングを始めようと思われているのなら、NDL(No Decompression Leve:無減圧潜水時間)と言うキーワードは絶対に覚えて下さい(と言うよりもライセンスを取る際に教えられ、また計算方法も習いますが…….)。
このNDLは何かと言いますと、身体に負担をかけずに安全に潜る為の”お約束ごと”の様なものです。

水の中に深く潜れば潜るほど身体が受ける身体が受ける圧力(10m潜る毎に1気圧)が上がるのは、水中に深く潜った事がある方なら体感されているかと思いますが、圧力が上がれば上がるほど、肺から吸い込んだ空気は血液中に溶け込みます(炭酸ソーダがそうですが、キャップを開けて圧力を低くしてやると気泡がどんどん出て来ますが、キャップを閉めて圧力が逃げない様にすると気泡は浮いて来なくなります)。
それが酸素であれば体内で消費されて二酸化炭素になり肺から搬出されるのですが、肺から血液中に吸収された窒素は消費されずなおかつ再び肺から排出されれずににそのまま溶け込んだままとなると、急に浮上した時にその血液中や体液に溶け込んだ窒素が気泡化して神経を圧迫したり血管を塞いだりして、間接の痛みやしびれ、怠さと言った症状となって出て来るのですが、こうなると減圧室に入って血液中に含まれている窒素を徐々に抜く治療をしなければなりません。
ですからそうならない為にも長く深く潜らない、深く潜ったら徐々に水深を浅くして行って潜水病にならないように指示してくれるのが最近のダイブコンピュータで、決して今の水深や潜水時間や最大深度を表示するだけではないのです。

そんなダイブコンピュータをスマートフォンをリンクさせ、スマートフォンをモニターとして活用しようと言うのが今回紹介します「DIVEROID mini」です。


“初心者が買うべき最初の、スマートフォンをそのままダイブコンピュータにしてしまう「DIVEROID mini」” の続きを読む