Home > アーカイブ > 2018-07-13

2018-07-13

実際に宇宙に向けて飛び立ったソユーズのブースターロケットを材料に作られた腕時計「Werenbach」

宇宙に魅力やロマンを感じ、機会があれば宇宙へ行ってみたいと思っておられる方は多いと思います。
ただ現実問題としてまだまだ宇宙旅行は高嶺の花で、高度100kmまで行って帰って来るだけで一戸建てが1軒買えてしまうくらいの費用がかかります。

ですから一般の方にとっては夢のまた夢で、宝くじにでも当たらなければ宇宙の入り口にもたどり着く事はできません。

そこで、実際に高度150km付近まで打ち上げられそして戻って来たソユーズのブースターロケットを再利用する事で、ちょっとでも肌に宇宙を感じ取る事ができる腕時計「Werenbach」を今回はご紹介致します。

全文を読む

肩に食い込むベルトをエアーの力で劇的に減らし負担を少なくするエアクッションストラップ「JFT Straps」

小学校から高校生の子どもさんをお持ちの親御さん、子どもさんが毎日持って行くバッグを持ってみた事がありますか?
持ってみた事のある親御さんはきっとその重さにビックリされ、小学生でも当たり前の様に腰痛や肩凝りを発症する事が当たり前になっている事に納得されたはずです。

と言いますのも、最近の学校のテキストはA4サイズを基本として大判化している上に、副教材も増え、鳴り物入りで始まった”ゆとり教育”も終焉を迎えて教科書も分厚くそして冊数も増えた上に、毎日そのテキストやノートを持ち帰りしなければならなくなっています。
ただ一部の学校(超名門の進学校でも)では今でも”置き勉”と言って教科書を学校のロッカー等に置いて帰る事を暗黙の了解で認めている学校もありますが、学校によっては盗難防止の為に傘一本置いて帰れない様になっており、6時間や7時間分のテキストやノート、それにプラスして部活の荷物となるとその総重量は10kgはおろか、20kgに達する子もいるはずです。

そんな荷物を毎日背負ったり肩にかけたりして登下校しているのですから、身体がおかしくならないワケはありません。そこでその身体にかかる負担を少しでも低減してくれるエアクッションストラップ「JFT Straps」をご紹介致します。

全文を読む

Home > アーカイブ > 2018-07-13

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。