誰もがストレスを発散し幸せな気分になれるゼログラビティ・ビーズクッション「Moon Pod」

みなさんは無重力って体験した事ってありますか?
無重力と言うのは身体に全く外部からの力がかかっていない状態ですから、身体にかかる負荷はゼロと言ってよく(ですから宇宙飛行士の方は宇宙へ行くと毎日筋力トレーニングをし筋力を落とさない様に心がけているのですが、それでも長期宇宙にいると筋力が衰えるので地上に戻ってから筋力トレーニングを行わないと宇宙へ行く前と同じだけの筋力を回復する事はできません)、身体に負荷が全くかかりませんので痛みを感じる事すらありません。

ところが現代社会は座っている事が多く、腰や肩に痛みの問題を抱えている方が少なくありませんし、寝ていてもマットレスが柔らかかったり硬すぎたりしてマットに接触している部分が圧迫されてそこが痛くて寝る事ができないと言う方もおられます。
そなると痛みでなかなかリラックスする事ができず、休もうと思っても休めず、どんどんと痛みは蓄積されて行きます。

そこで無重力状態と同じ状態を作り出すクッションを提供する事で、痛みを感じる事なくリラックスして休んでもらおうと言うのが今回紹介するゼログラビティ・ビーズクッション「Moon Pod」です。


“誰もがストレスを発散し幸せな気分になれるゼログラビティ・ビーズクッション「Moon Pod」” の続きを読む

クスリは使用せず、1週間使うだけで夜にきちんと寝る事ができる様になる睡眠改質メガネ「PEGASI」

人は誰もが体内に時計を持っており(平均的に24.2時間と言われています)、その時計によって決められたサイクル(サーカディアンリズム)で身体は働く様にできています。
そしてその体内時計は朝日を浴びる事でリセットされ、睡眠であればそこからカウントして14時間〜16時間後に”メラトニン”と言う睡眠誘導物質が脳内で分泌される事で素直に眠気を覚えて寝る事ができ、朝6時に起床する方であれば20時〜22時の間あたりから分泌され出しますので、その分泌を始めた頃に寝るとスッと眠りに落ちる事ができるのですが、その頃にテレビやスマートフォンを真剣に見ているとテレビやスマートフォンの画面から発するブルーライトによってメラトニンの分泌が抑制されて眠る機会を失ってしまいます。

よって寝なきゃいけないのに眠れないと言う事が起こり、ついつい明日の仕事の事等を考えて睡眠導入剤等の力を借りないといけなくなるのですが、既に狂ってしまっている体内時計を朝日を浴びる事で戻せる時間には個人差があり最大で2時間程度なので、昼夜逆転の北米やヨーロッパへ旅行して2,3日時差ボケが治るまで時間を要するのも当然と言えば当然です。

そこでその狂った体内時計を朝に30分間だけ装着する事で確実に1週間あれば体内時計を元に戻す事のできる睡眠改質メガネ「PEGASI」を今回はご紹介致します。


“クスリは使用せず、1週間使うだけで夜にきちんと寝る事ができる様になる睡眠改質メガネ「PEGASI」” の続きを読む