最大40mまでの直線だけでなく、丸いゴミ箱の直径や外周の長さも正確に計測可能なARレーザーメジャー「Arrim ONE」

みなさんはAR(拡張現実)メジャーなるジャンルのアプリは使った事はありますか?
ARメジャーとはスマートフォンのカメラに写っているモノの長さや、カメラで写す空間の距離や広さ等をメジャーや定規を使わずに計測できる画期的な技術で、実際に使ってみてその精度の高さにビックリされた方も多い事と思います。

でもどうして計測したいモノや場所に向かってカメラを動かしてポイントを打つだけで長さや距離が測れるのでしょうね?

それにはみなさんのスマートフォンに入っている加速度センサーがフル活用されており、簡単に説明すると加速度センサーはどの方向にどれくらいの速さで動いたのか?と言う情報を得る事ができます。つまり、小学校の算数の時間で習った距離の問題で”長さ=時間×速さ”であると教わったかと思いますが、カメラ(スマートフォンの向き)がどの方向にどれくらいの速さで動いたのかと言う事が瞬時にわかる為、ARメジャーでは正確に長さを測る事ができるのです。

ですからARメジャーは直線を計測するのは得意です。ですが円形のモノの直径や円周の長さを計算で計測するには苦手です。

ですが今回紹介するARメジャー「Arrim ONE」を使えば、円の円周の長さはおろか、その円の直径も簡単に同時に出力することができますので、円形の物体を計測する事が多い方にはとてもオススメなARレーザーメジャーになります。


“最大40mまでの直線だけでなく、丸いゴミ箱の直径や外周の長さも正確に計測可能なARレーザーメジャー「Arrim ONE」” の続きを読む

まだケーブルでiPhoneを充電している方必見!!充電する度に写真を自動バックアップを行う「Qubii」

iPhone写真を撮影しているといつの間にかメモリーがいっぱいになり、いざ写真を撮ろうと思った時にメモリーがなくてどうしようと慌てた事ってありませんか?
そしてそう言う時って子どもの行事等でその瞬間しか撮影できなかったりする事が多く、でも撮影できないからと不要な写真を消していたり、不要なアプリを削除していたりすると、あっという間に何も撮れずに終わってしまう、なんて事はよくある事です。

それを回避するには、小まめにパソコンに繋いでバックアップを取るか、PCを持っておられない方はバックアップ用のメモリーをLightningコネクタに挿してバックアップを取るか、その手間が面倒ならiCloudの容量をアップグレードして”iCloudフォトライブラリ”をONにし、iCloudに常にバックアップする様にしておくかのどちらかです。

そこで今回は、iCloudではなくメモリーに画像をバックアップして手元に残しておきたいと言う方の為に、何もしないでも自動的に写真をバックアップしてくれる「Qubii」をご紹介致します。


“まだケーブルでiPhoneを充電している方必見!!充電する度に写真を自動バックアップを行う「Qubii」” の続きを読む