長い髪でも安心!!出かける前のシャンプーでもすぐに水分を吸収して髪を傷めないヘアタオル「The VOLO Hero」

よく髪の毛にドライヤーをかけて乾かすのは熱を加えるので良くないと言いますが、実際のところことは正解です。
髪の毛の約80%はたんぱく質から出来ており、卵の白身に熱と加えると固まるのと同じで、濡れた髪の毛にドライヤーで熱を加えると約60度前後で”タンパク変性”を起こしてパサパサの髪へと変わってしまい元に戻る事はありません。
だからと言って髪の毛を濡れたままにしておく、自然乾燥に任せると言うのも、髪の毛が短ければ通気性も良いのですぐに乾いてしまうので問題ないのですが、ロングヘアの方はそうはいかず、髪の毛が濡れたままですと髪の表面を覆っているうろこ状のキューティクルが開いた状態のままなのでそれが剥がれ落ちてしまい、髪の毛に含まれる水分が蒸発してこれもまた髪の毛がパサパサになる原因になります。
更に頭皮が濡れていると雑菌が繁殖して異臭を放ったり、頭皮に炎症を起こしたりと様々なデメリットがあるので、自然乾燥で乾燥していないとこれまた良くありません。

では髪の毛はどの様に乾かすのがベストなのか?

それはドライヤーを使うにしても素早く乾燥させる事で、それをサポートするのが今回紹介するヘアタオル「The VOLO Hero」です。


“長い髪でも安心!!出かける前のシャンプーでもすぐに水分を吸収して髪を傷めないヘアタオル「The VOLO Hero」” の続きを読む

初心者でも簡単に水中撮影を始められ、オートトラッキング機能まで備えたAI搭載水中ドローン「BW-Space Rover」

空中を飛行するドローンは産業向けの需要、商業用の空撮向けの需要の急激な高まりにより、その進歩は目覚ましいものがあります。
空中を自由自在にヘリコプターの様に飛行するドローンが登場した当初は機体を安定的に飛ばす為の姿勢制御が自動化されている程度でした。
それが今では多少強い風が吹いても風に流されずにホバリングをしたり決められたルート通りに飛行したりするのはお手の物で、セキュリティー関連の顔認証技術の導入によりターゲットとなる人を自動追尾したり、SLAM技術によりカメラで捉えた映像から周囲の空間を3Dマッピングして森や林の中でも障害物に当たらずに自動飛行する事ができる様になっています。

一方、水中を撮影するドローンはと言いますと空中撮影ほどの需要は今はまだそれ程高くないのと、空中を飛行するドローンの様に墜落して被害を与えたりする事がないので、自動化と言う点ではそれ程進んではいません。

ですが今回紹介する水中ドローン「BW-Space Rover」は見えない海底だからこそ、自動化を進める事で安全に回収する事のできる水中ドローンに仕上げられています。


“初心者でも簡単に水中撮影を始められ、オートトラッキング機能まで備えたAI搭載水中ドローン「BW-Space Rover」” の続きを読む