キッチンのシンクや洗面台の排水の流れをスムーズにする目詰まりしないドレンキャッチャー「Kitchen SinkShroom」&「TubShroom」

みなさんはカレーを作った後の鍋を水を流しながら洗っている時に、排水溝の流れが悪くなりシンクにどんどん水がたまって来て、慌てて先に排水溝の網にたまったゴミを掃除してから洗い物を続ける様な事ってありませんか?
よく調理中の野菜の切り屑などをそのままシンクに捨て、最後にシンクを綺麗に洗ってから網にたまったゴミを捨てると言う方もおられますが、これは下手をすると網の目詰まりを起こしてシンクに水がたまり、後は泡を洗い流すだけと言った様な食器が再び汚れて洗い直ししなければならなかったりします。

特に前述した様な小麦粉や片栗粉が溶けた粘性の高いスープや、天ぷらの衣の様なものはすぐに網の目を詰まらせますし、洗剤もいっぱいつ買いすぎて泡立てすぎると同じ事になります。

また洗面台も一緒で、目の細かいフィルターは石鹸カス等がつまって目詰まりを起こして流れ辛くなり、洗面台で朝にシャンプーしてから行く様な方は顔を洗ったりだけする方に比べてより早く目詰まりを起こします。

そこで今回は目詰まりしないキッチン用ドレンキャッチャー「Kitchen SinkShroom」と洗面台用「TubShroom」の2点をご紹介致します。


通常ドレンキャッチャーと言うのは昔のシンクですと寸胴鍋に穴を開けて縮小した様な形で、底が深く底にたまったゴミを摘まんで取り出すのが大変なので、ナイロン製の網などを被せて使う方が多いのですが、網の目が細かいので、前述した様な小麦粉や片栗粉の様な粒子の細かいものを流すと目を詰まらせて水の流れを悪くさせます。
一方最近のシンクの排水溝の網は底の浅いステンレス製の網が使われているのですが、これも下水にゴミを流さない様に最初から目が細かくなっており、こちらも同様によく詰まります。

一方市販のドレンキャッチャーはどうなのかと言いますと、これも似たり寄ったりで代わり映えはしません。

ところがこの「Kitchen SinkShroom」は同じ様に穴の大きさは小さいのに流れが悪くなる様な事がない工夫が施されています。
それはどこかと言いますと中央の取っ手と言いますかノブの様な部分です。

このツマミはただ持ち上げるだけのツマミではなく、側面と上面にドレンキャッチャーに開けられた穴よりも大きめの穴が空けられており、網の目が詰まったとしても最終的にはツマミの上面にある3つの大きな穴から流れる様になっています。

ですから毎回小まめにドレンキャッチャーにたまったゴミを捨てる方であれば、今までの様に目が詰まってシンクにどんどん水がたまる様な事はないはずです。
しかもツマミがあり持ち上げやすいので、ゴミを捨てるのも楽です。

一方洗面台用のドレンキャッチャー「TubShroom」は直径約3.2cm(1.25インチ) から約5.1cm(2インチ)までの排水溝にアダプターを変える事で取り付けられる万能のドレンキャッチャーです。
そしてこの「TubShroom」は一般的な洗面台用のドレンキャッチャー(ヘアキャッチャー)は底の部分だけが網になっていますので、キッチンのドレンキャッチャーと同じ様に石鹸カスがたまっていくと目詰まりを起こしてしまうのですが、キノコの様な形をしているこの「TubShroom」は中心の筒にもビッシリと穴が空いており、底部に穴が空いたものよりはかなり目詰まりを起こすのが遅くなる様になっています。
ただ、髪の毛や石鹸カスがたまるのには変わりありませんので掃除はしなくてはいけませんが、1週間で目詰まりしていたものが2週間の延び、掃除が嫌いと言う方には朗報です。

なおこの他に洗面台用には複数のサイズの排水溝の穴に合うゴム栓も用意されていますので、詳細につきましては下記URLをご覧ください。

https://igg.me/at/KitchenSinkShroomandUltraTubShroom/x/7929074

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です