玄関錠をスマホで簡単に開閉できるようになる「Sesame」

玄関の鍵がスマホで開け閉めできたらいいのになぁ~と思った事はありませんか?
JEM-A規格の電子錠やFeLiCaカードを使ったり、NFCカードを使ったり、指紋認証で開閉できる鍵も市販されていますが、どれもシリンダーから全て取り替えないといけないので素人では工事は無理です。
サムターンに被せるタイプも何種類かありますが、これも工具がいるものばかりですし、専用の無線鍵がついているものがほとんどです。

ところがこの「Sesame」は両面テープでサムターンに被せて貼るだけで設置できるとっても簡単な電子錠なのです。サムターンに被せて貼るので、ピッキング対策にもなります。
しかも電池駆動なのですが、約500日の連続稼働が可能なログライフ設計になっております。

またこの「Sesame」基本はBluetoothでスマホとペアリングして操作するのですが、Bluetoothのペアリングってタイミングでなかなか接続できなかったり、バッテリーの消費を抑える為に常はOFFにしていたりと、鍵を開けるのに手間がかかる場合は、WiFiモジュールがセットになったパッケージもあるので、それを選べば、自宅に近づいて、自宅のWiFiに接続されればWiFi経由で開閉可能ですし、鍵を閉め忘れた時でも、Internet経由で鍵の開閉状態が確認でき、閉め忘れたら閉める事も可能です。

更に、スマホで開錠したら、自動で施錠してくれるオートロック機能もついていますので、WiFiモジュールつけなくても大丈夫。自動でロックしてくれますから。

“玄関錠をスマホで簡単に開閉できるようになる「Sesame」” の続きを読む

マインクラフトPEで使えるジョイスティック「Screen Stick」

iPadやiPhoneでジョイスティックが使えたら便利だと思いませんか?フライトゲームでも微妙なスロットル操作や機体のコントロール、マイクラでも敵にに追いかけられた時に逃げるのに、ついつい地形が邪魔してうまく逃げられずリスボーンになったりT_T

そんな時にジョイスティックが装備されたコントローラがあったら微妙な操作や迅速な方向転換ができると思った事はありませんか?

この「Screen Stick」はそんな微妙な操作や迅速な操作ができる、タブレットやスマホに貼り付けて使うジョイスティックです。吸盤で画面に貼り付けるので、タブレットやスマホの大きさは問いません。画面上のジョイスティックアイコンの上に位置合わせして貼り付けるだけで微妙な操作が可能になるのです。

“マインクラフトPEで使えるジョイスティック「Screen Stick」” の続きを読む

スマホでコントロールできるフルカラーLED・ソーラーガーデンライト「PLAYBULB」

LEDソーラーガーデンライトって、白色や電球色だけだと思っていませんか?クリスマス用のデコレーションライトは別として、たいていガーデンライトって白っぽい色ですよね。
でも世の中は遂に、ガーデンライトもフルカラーな時代に突入しました!!

この「PLAYBULB」は650mAのバッテリーを内蔵し、赤・緑・青、白のLEDをそれぞれ3個ずつ内蔵したLEDガーデンライトなのです!!白LEDが入っているので、白色がRGBの混ざったなんちゃって白色にならない様にしたのは拘りを感じます

さらにこの「PLAYBULB」はBluetoothでスマホとリンクし、その光り方をアプリで設定できる優れもの!!単色で光らせる事もグラデーションさせる事も、アプリで自在に変更可能で、季節によって、好みによって変更する事ができます。なので通常は白で発光させる様にしておいてクリスマスシーズンなればグラデーションさせると言った様にシュチュエーションによって光らせ方を変える事も可能です

“スマホでコントロールできるフルカラーLED・ソーラーガーデンライト「PLAYBULB」” の続きを読む

GoPro並の画質を備えた、ライトにもなる自転車用車載カメラ「Fly12」

GoProが世に出た後、ウェラブルカメラが各社から出て選択肢が広がって来ていますが、Youtube見ているとGoRroを愛車に装備して撮影されているローディーの方の動画をよく目にします。
水中撮影でもそうですが、スペックが同じなら機材はシンプルでバッテリーは長持ちな方がいいですよね。更にちょっと機能が追加されていれば言う事なし。

この「Fly12」はそんなローディーの方の声を反映させた製品なのか?GoProをマウントさせて撮影するよりも、スタイリッシュに装備できれGoPro並に手軽の撮影できるカメラなのですが…..この「Fly12」には自転車ならではの、ライトとして使えると言う機能が備わっているのです!!
何と!!400ルーメンの輝度があるLEDライトを内蔵。GoProは撮影用の補助ライトを内蔵していませんので、暗くなった時や森の中と言った暗い場所での撮影にも最適です。またカメラは動作させていなくても、ライトだけ点灯させる事も可能ですし、400ルーメンの輝度で100%点灯した場合の連続点灯時間は2時間の連続照射が可能です。

カメラ部分はGoPro HERO3+ SILVERと同等で1080pでの撮影が可能。更にGoProの様にWiFiでスマホに繋いでスマホをモニター、記録メディア替わりにする事も可能。またGoProに備わっていないBluetoothも搭載しているので、Bluetoothで消費電力を抑えてカメラをコントロールする事もできます。
またカメラだけなら10時間の連続撮影が可能で、何とGoProHERO3+の3倍の撮影時間。ライトを点灯させても6時間の連続撮影が可能になっております。

“GoPro並の画質を備えた、ライトにもなる自転車用車載カメラ「Fly12」” の続きを読む

スマホを使って模様が替えられる次世代ブレスレット「L!BER8」

たくさんあるアクセサリーの管理・収納に困ってはいませんか?アクセサリーってついつい気に入ったデザインのものがあったら買ってしまうものですが、数が増えてしまうとジュエリーボックスに収まらなくなくて困ったなぁ~となってしまいがちですが、1つのブレスレットがそのデザイン、模様が替えられるとしたらどうでしょう?1つのブレスレットでその日の気分やドレス、服装にあわせてブレスレットの模様、デザインが替えられれば素敵ではありませんか?

この「tago arc」は、ブレスレット表面にE-Inkディスプレイを内蔵し、NFC通信を使ってスマホからデザインデータを送るとすぐさまスマホに表示されたデザインに変わるのです!!

E-Inkなので書換時にバッテリーを消費するだけですし、NFC通信を利用し、NFCで通信する際のコイルの電磁誘導で発電してその電力をE-Inkの書換に使うのでバッテリーレス。まさに次世代のブレスレットと言えるでしょう!!

“スマホを使って模様が替えられる次世代ブレスレット「L!BER8」” の続きを読む

モバイルバッテリー内蔵のコンパクトミラー「Pearl™」ファーストインプレッション

昨年の年末にKickstarterで募集していたバッテリーが内蔵されたコンパクトミラー「Pearl™」が届いたので、さっそく開封してみた。

当時の募集URL
https://www.kickstarter.com/projects/hypershop/pearltm-compact-mirror-usb-rechargeable-battery-pa

ちなみに商品はそのうちにこちらから購入可能になるかもです。

私はゴールドとシルバーのセットを購入。こちらはシルバーのパッケージ。ちなみにゴールドのパッケージはゴールドです

 

箱を開けて取り出してみました。コンパクトミラー「Pearl™」の他に、ケースになるポーチ。MicroUSBとLightningと40ピン端子がくっついたマルチな充電ケーブルに説明書が入っております。
ちなみに化粧箱の赤いモール、これが結構剥がれやすいのか?コンパクトやケーブルに赤い細かい毛がいっぱいくっついていました。
吹けばすぐに取れますが^^;

付属のマルチなケーブル。ケーブルはフラットケーブルを使用しています。これを常時持ち歩くかどうかは好み次第ってとこでしょうか?
40ピンはいらなし充電しながら使うならケーブルが短いので邪魔なので私的にはいらないですね

 

コンパクトミラーの側面。押しボタンとインジケータが4つあり、充電レベルで点灯するLEDの数が違います。こう言うインジケータがあると以外と充電時期がわかって便利なんですよね

 

 

ボタンを1回、短押しすればインジケータが点灯して充電状態が確認できます。フルで4つ点灯

そして側面のボタンをダブルクリックすればコンパクト内蔵のLEDが点灯。これ以外に便利かも!!!特に暗いところでの捜し物に威力を発揮しそうです!!
そして再度ダブルクリックすれば消灯します

ちょっと画像では見辛いですが、3000mA 2.1A出力って書いてあります。出力はUSB端子。充電はMicroUSBになります

 
意外とこれ、女性にとっては便利かも!!!!!と思わせる要素がいっぱいです

3Dプリンターでラジコンカーを作ろう!!「3DRacers」

あなたは3Dプリンターに興味はありますか?使っておられますか?3Dプリンターも昨年1年間で徐々にですが普及して気ました。確か事にに3Dプリンターの主要なパテントの期限が切れると思うので、これから出てくる3Dプリンターは更に安くなるかとは思いますが、3Dプリンターがあれば思い通りに何でも造形できます。
昔は様々な材料を切り出したり削ったり、張り付けたり、技術がないとモックアップも作れませんでしたが、3DプリンターとPCないしCADソフトが動くタブレットでもあれば、どこでもいつでも、自分でデザインしたものが造形されます。

この「3DRacers」はベースとなる基本部品(Arduino+Bluetoothシールド+モーターシールドを合体させたオリジナル基板+モーター、サーボ、バッテリー)と3DCADファイルを提供してくれます。つまり、専用のサイトないし3DのCADソフトで基本となる3Dのボディーデータを読み込み、自分なりにアレンジすれば、世界に1つだけのラジコンカーの完成です!!

3Dプリンターで作るのはボディーとタイヤ。それを自前の3Dプリンターや、出力業者に依頼して出力してもらえば、オリジナルボディのラジコンカーができちゃうのです!!しかも3Dプリンターで自前で製作するので、ぶつけて壊してしまっても、データさえ残していればすぐに修復可能!!
ボディーにキット付属のメインボードとモーター、サーボにバッテリーを組み込めばすぐに走らせることが可能です!!

“3Dプリンターでラジコンカーを作ろう!!「3DRacers」” の続きを読む

骨伝導イヤホン内蔵サングラス「Buhel SOUNDglass™ SG05」再び

あなたは骨伝導イヤホンに興味はありますか?それがサングラスと一体型だとオシャレだと思いませんか?
昨年、Kickstarterで同一製品への投資の募集をしていましたが、途中でキャンセルされた骨伝導イヤホン内蔵のサングラスが再び、投資の募集を再開しました!!
何故、途中で中止したのかは不明ですが(目標に達成しないと判断したから中止したっぽいのですが)、このガジェットに興味津々でPledgedしていた私はとっても残念だったのですが今回、再び募集を開始しました!!

そして、ちょっと機能も付属品もバージョンアップ!!です!!

骨伝導イヤホンと言うのは、要は耳で聴くのを骨を振動させて、その振動が骨を伝わって蝸牛に伝わり聴くことができると言うイヤホンです。ただ、骨に反響させて音を認識させているのが骨伝導イヤホンです。なので、周りがうるさくてもダイレクトに音が届くので、聴こえるのが特徴です

“骨伝導イヤホン内蔵サングラス「Buhel SOUNDglass™ SG05」再び” の続きを読む

Bluetoothでスマホで運動管理できるディスプレイ搭載の縄跳び「Sophia」

あなたは連続して何回、縄跳びで飛べますか?そしてその運動ってどれくらいの消費カロリーがあるか、わかりますか?
飛んでいる回数をカウントできる縄跳びはありますが、この「Sophia」はBluetoothでスマホとリンクさせる事により、スマホで運動を管理することができる縄跳びなのです。
もちろん縄跳びそのものにもOLEDディスプイが搭載されていて飛跳んだ回数はわかりますが、Bluetoothでスマホとリンクする事により、アプリでエクササイズ管理ができ、どれくらいの消費カロリーがあったのか?何回飛べたのか?を管理できる事はもちろん、エクササイズのメニューをアプリで自分で作って、それに基づいて管理することも可能です。

更にバッテリーは1日30分の連続動作で1か月持つロングライフ設計なので、ついつい充電を忘れても大丈夫!!更にグリップの形状にも特徴があり、よくある円柱ではなくツイストしたグリップになっており、左右の握り棒!?を合わせると1本の円柱になっちゃうと言う、デザイン性に優れたデザインになっていますし、もちろんツイスト形状をしていることにより、かなり持ちやすそうなグリップになっています

“Bluetoothでスマホで運動管理できるディスプレイ搭載の縄跳び「Sophia」” の続きを読む

ケーブルがフルカラーで光るインナー型イヤホン「Glow」

あなたはイヤホンを使っていますか?スマホでイヤホンを使う時、端末に付属していたイヤホンを使っていますか?それともお好みのイヤホンを使っていますか?
イヤホンも専門店があるくらい、その種類は膨大な数があります。千円以下のもあれば、ン万円するものも。そして音質はやはり値段に比例しますよね。ただそのイヤホンって、インナー型は耳の中にスッポリと入るのでかなり地味な存在です。
そのイヤホンをアクセサリーとして主張するなら、この「Glow」でしょう!!この「Glow」は何と!!そのネーミングそのままで光ります。しかも光るのは他でもないケーブル!!しかも単色ではありません、フルカラーで光るのです!!昼間は目立ちませんが、夜なら超目立ちますし、ディスコなんかもで目立つこと請け合い!!です

“ケーブルがフルカラーで光るインナー型イヤホン「Glow」” の続きを読む