AirPodsケースが見つからない!!そんな事がよくある方にあらゆる面で使い勝手を向上させてくれる「AirPodPal」

昨年はワイヤレス充電に対応したAirPodsと、ワイヤレス充電器AirPowerがいつ出るのか出るのかと待ちわび、待ちくたびれてAirPodsを買ってしまった方も多かったのではないでしょうか?

その為にAirPodsをQiワイヤレス充電に対応するアダプタが数多く発売されていますが、そのどれもがAirPodsのコンパクトさを損なわない様な設計になっており、パッと見るとAirPodsにそんなアダプタがついているのか全く見分けがつかないのですが、AirPodsそのものが小さすぎるのでAirPodsが入るポケットがバッグの中にないとバックの中で見失い、バックの中身を半分くらい出した所でようやくAirPodsのケースが見つかると言う事も少なくありません。
ただこの寒い時期は上着を着るので上着のポケットに入れておけば、そう見つけ辛いと言う事はないのですが、薄着になる夏場はパンツのポケットに入れる訳にもいかず結果的にバッグの中となりそう言う事が起こります。

そこで今回は全く違った発想でAirPodsを見つけ易くした「AirPodPal」をご紹介致します。


“AirPodsケースが見つからない!!そんな事がよくある方にあらゆる面で使い勝手を向上させてくれる「AirPodPal」” の続きを読む

ジンバルまで搭載して中級機!?と思える程の機能を持つホビー用撮影ドローン「Micro Drone 4.0」

今やドローンと言えばホビーショップでも購入でき、画質は悪いものの数千円のドローンでも空撮映像が撮影できる時代です。
ですが本格的にドローンに搭載したカメラが捉えた映像をライブで確認しながらドローンを飛ばし、空撮しようと思うと2万円程度は出費しなければなりませんし、4K画質でブレのない映像を撮影できる上にカメラのアングルも変えられるジンバルまで搭載したドローンとなると十万円を超えますので、ちょっと素人が空撮映像を撮影してみたいと気軽に手を出せるものではありません。

ですが今回紹介するドローン「Micro Drone 4.0」はジンバル搭載な上に1080Pのハイビジョンクラスの映像が撮影できる上に本体だけならたった$125で購入できるなどとてもリーズナブルな上に本格的な映像撮影が可能なドローンです。


“ジンバルまで搭載して中級機!?と思える程の機能を持つホビー用撮影ドローン「Micro Drone 4.0」” の続きを読む

コンセント直挿しバッテリーよりも更に便利な増設コンセントのついたモバイルバッテリー「EGG Traveler」

みなさんはコンセントにダイレクトに差し込めるモバイルバッテリーがるのはご存じでしょうか?
モバイルバッテリーに折り畳み式のプラグが内蔵されており、コンセントに差し込む事で自動的に充電されるだけでなく、コンセントに挿した状態でUSBケーブルで接続したスマートフォンやUSBデバイスも同時に充電できますので、別途USB電源を持ち歩いたり、USB電源を購入したりしなくても良いと言うメリットがあります。

ですから外出中やモバイルバッテリーとして、オフィスや自宅ではUSB電源として使えたりと非常に便利ですしコンセントを1つしか占有しませんので、ホテルの様な使えるコンセントの数が1つ2つと、ほんの少ししかない場所でも複数のデバイスを同時に充電できますので、そう言う意味でもとても便利なのです。

ただそれにプラスしてノートPCを持っているとちょっと困ります。ノートPCを先に充電すべきか、それともスマートフォンやタブレットを先に充電してからノートPCを充電するかと言う事にコンセントの数が少ないとそう言う事になります。

そこで今回はみなさんがお持ちのダイレクト充電可能なモバイルバッテリーよりも更に使い勝手の良い「EGG Traveler」をご紹介致します。


“コンセント直挿しバッテリーよりも更に便利な増設コンセントのついたモバイルバッテリー「EGG Traveler」” の続きを読む

フルカラーグラデーションする事で目立つと言うより見つけ易いバッグ「NEBULITE Drawstring Backpack & Fanny Pack」

ハデで奇抜なバッグは世の中にたくさんありますが、自らLED等を使い発光するバッグってあるのはありますは、そう数は多くありません。
ですが自ら発光する事でのメリットは、ナイトイベント等の人がひしめく暗い場所出かけて行った場所、一緒に出かけた家族や友人がその光るバッグを身に着けていたら遠くからでもすぐに見つける事ができますし、特にウロウロしがちな小さいお子さんに持たせておくメリットは大きいと言えます。

そこで今回はバッグ全体が発光するバックパックとウエストポーチ「NEBULITE Drawstring Backpack & Fanny Pack」をご紹介致します。


“フルカラーグラデーションする事で目立つと言うより見つけ易いバッグ「NEBULITE Drawstring Backpack & Fanny Pack」” の続きを読む

ワイヤレスイヤホンを初めて購入する方に是非とも試してみて欲しいコスパ重視$30以下で買える「Nano Pods」

今、昨秋リリースされたiPhone XS/XS MAX/XRを購入すると、昔ついていたワイヤードのイヤホンはもれなく付属されてはいません。
そこでどうせならワイヤレスイヤホンを買ってみようと思われている方は多いかと思いますが、何せワイヤレスイヤホンは、イヤホン専門ショップでさえなかなか試聴できる種類が少ない上に、みなさんの地域の家電量販店となると、ほぼ試聴できる様なワイヤレスイヤホンは置いていません。
となるとネット通販等の口コミを頼りにする事になるのですが、これもグルメサイトの口コミと同じで、味の感じ方も十人十色なら、音の感じ方もまた人それぞれ違いますので、一概に全ての口コミ投稿者が良いと評価していても果たして自分に合うのだろうか?

そこで今回は、デファクトスタンダートとも呼べそうなワイヤレスイヤホン「Nano Pods」をご紹介致します。

“ワイヤレスイヤホンを初めて購入する方に是非とも試してみて欲しいコスパ重視$30以下で買える「Nano Pods」” の続きを読む

スマートフォンから電源を貰うので充電の必要もない、スマホ差し込むだけのモバイル紫外線殺菌装置「UVGLO」

よくみなさんは除菌するのにアルコールスプレーや、アルコールを含んだウェットティッシュを使われますが、実はサッと振りかけ拭いたりしたのでは半分も除菌できていないってご存じでしたか?
アルコールによる除菌は細菌に含まれるタンパク質の変性や、溶菌と言って細胞壁を破壊する事で細菌の繁殖を抑えつつ死滅するのを待つ事で殺菌・除菌を行います。
この時にアルコールの濃度が薄すぎても濃すぎても細菌によって効果が変わりますし、アルコールに曝す時間によってもその効果は全く違い、分単位、しいては10分と言った単位でアルコールに曝しておかないと殺菌は無理です。

更にアルコールではノロウィルスやアデノウィルスと言ったウィルスが殺せないのはみなさん周知の事実かと思います。

そこで今回は殺菌と言う意味ではアルコールよりも断然効果の高い紫外線殺菌を簡単に行える「UVGLO」をご紹介致します。


“スマートフォンから電源を貰うので充電の必要もない、スマホ差し込むだけのモバイル紫外線殺菌装置「UVGLO」” の続きを読む

AppleWatchを充電できるバッテリー内蔵iPhoneケース「CaseCase」

AppleWatchが発売された頃はバッテリーが1日持たないなんて事で、AppleWatchをヘビーに使う方は磁気充電アダプタ毎日持ち歩き、移動中や休憩中に充電しなければ、仕事が終わりさぁ帰宅しようなんて頃になるとAppleWatchのモニターがバッテリー切れで点かなかったりと、使い勝手が良いとは決して言えませんでした。
ですが現在のSeries4ではAppleWatchでゲームを長時間プレイしたりする様な事がなければ、ほぼ丸1日持ちますし、時刻の確認やiPhoneへの通知を確認する程度であれば、丸2日充電フリーで使えるまでにバッテリーの持ちは良くなっていますが、AppleWatchのSuicaを入れて公共交通機関を利用されている方にとって、万が一バッテリー切れとなった場合、改札が通れなくなるので大変です。

そこで今回は、そう言うAppleWatchを充電しなければならない!!と言う時にとても助かるiPhoneケース「CaseCase」をご紹介致します。


“AppleWatchを充電できるバッテリー内蔵iPhoneケース「CaseCase」” の続きを読む

最新のiPhoneをより高速に充電する為の必須アイテム、USB-C <-> Lightningケーブル「Cascade Cables」

最新のiPhone XS/XS MAX/XRに付属する充電器は未だに5W(5V/1A)出力のもので、これを使うとフル充電するのに3時間以上の時間を必要とします。
一方、Appleからも発売されている18W出力のUSB電源を使うと2時間でフル充電できる他、バッテリー残量が0%になった時に50%まで回復させるのに必要な時間はたった30分と非常に高速に充電できるのをみなさんはご存じでしょうか?

更に現在、18W(9V/2A)出力のUSB-C PD(Power Deliver)に対応したUSB電源アダプタはサードパーティーからもたくさんリリースされ価格もお手頃で、充電を頻繁に行う方には18W電源がオススメです。

ただ急速充電する為にはケーブルも急速充電に対応している必要があり、今回は18Wでパワフルに充電する事を約束するUSB-C <-> Lightningケーブル「Cascade Cables」をご紹介致します。


“最新のiPhoneをより高速に充電する為の必須アイテム、USB-C < -> Lightningケーブル「Cascade Cables」” の続きを読む

バッテリーを内蔵しているから、何時でも何処でも使えるポータブル15インチモニター「Gemini」

パソコンで仕事をする時にディスプレイの数が多ければ多いほど作業はとても楽になり、しかも同じ仕事をするのでも短時間で仕上げる事ができます。
特に資料を見ながら内容をまとめる様な作業をする場合、その文章を見ながら文章を作って行く必要があり、例えば画面を左右に2分割して見ながら作業するのも、その資料が大きくて横スクロールさせないと全てが見えない様な場合、そう言う画面スクロールと言う余分な作業が増えて本来の文章作成と言う作業を遅らせます。
一方、ウィンドを切替ながら作業すると言うのも、文章を書いていれば元の資料が見えませんし、資料を見ている時は文章が書けませんし、しかも短期記憶能力が衰えて来るとそのウィンド切替が頻繁になり更に作業効率は落ちます。

ですからサイドディスプレイがあり、そこに資料を表示しながら作業すると言うのは非常にストレスなく効率的に行う事ができるのです。

そこで今回は数あるポータブルディスプレイの中であって飛び抜けて素晴らしい、心ときめくポータブルディスプレイ「Gemini」をご紹介致します。


“バッテリーを内蔵しているから、何時でも何処でも使えるポータブル15インチモニター「Gemini」” の続きを読む

フル規格通信が可能なので5K画質&10Gbps通信&100W充電可能なUBS-Cマグネットケーブル「MagX」

LightinigやmicroUSBケーブルと比べてMacBook ProでUSB-Cマグネットケーブルを使っていて暫くすると充電できなくなると言う事をよく耳にします。
この原因の主原因は発熱です。15インチMacBook Proになりますと純正のUSB電源を使うと最大87Wと言う電力がケーブルを流れますので、ケーブルの抵抗が1Ωでも上がれば抵抗値に比例して発熱も多くなり、マグネットケーブルの接点を脱着する事で接点部分にカーボンが付着してON抵抗を増やしてケーブルのコネクタ内部に内臓されている電源コントローラーが熱で破損し充電できなくなるからです。

ですからUSB-C規格のマグネットコネクタを選ぶ場合はまず接点の面積の広いものを選ぶか、コントローラーの入っていない24ピン全てを結線するコネクタを選ぶのが重要で、今回紹介します「MagX」は後者のフル結線のマグネットケーブルとなります。


“フル規格通信が可能なので5K画質&10Gbps通信&100W充電可能なUBS-Cマグネットケーブル「MagX」” の続きを読む