目標達成するまで絶対に開かないセキュリティーBOX「kSafe」

何かを我慢しなければならない時、あなたはどうしていますか?モノだとすると買わないようにしますか?それとも何か鍵のかかる箱に入れておきますか?
特にダイエットに挑戦する時って摂食ダイエットする方が多いですが、ダイエットも日数が経過するとついつい好きなモノを口にしたくなって来ますよね。

このセキュリティーBOXと言うかクッキージャーはスマホと連携する事により動作する蓋が閉まって目標が達成されるまで開かないクッキージャーです。

“目標達成するまで絶対に開かないセキュリティーBOX「kSafe」” の続きを読む

WiFi&Linux搭載のArduinoボード「Onion Omega」

すごいヤツが出て来た!!
WiFi標準装備でLinuxが動き、しかもArduinoコンパチのI/Oを持ったボードだ。RaspberryPiとまでは行かず、高性能なLinuxが動くArduinoだと思ってもらう方がいい。
スペック的には

  • CPU: Atheros AR9331 400MHZ MIPS 24K
  • RAM: 64MB DDR2 400MHz
  • Flash: 16MB
  • WiFi: 802.11b/g/n 150Mbps
  • Ethernet: 100Mbps
  • GPIO: 18

となっている。Arduinoでhttpベースのプログラムを書くのは非常に骨が折れるし、メモリーも少ないのでデータを格納するのに外部メモリーを使わざるおえないし、ライブラリを使ったら使ったで更にメモリーが減ると言うジレンマに陥る。
それを解消できるのが「Onion Omega」だろう。Linuxベースで最初からPython, Javascript (Node.JS), PHP, Rubyがインストールされており、RAMやFlashもArduinoに比べるとメガ単位で載っているのでかなり楽にプログラミングができるのは間違いない。なのでI/Oを使ったhttpベースのプログラムを書くのはかなり容易だ。RaspberryPiで作ったプログラムの移植も簡単に行えるし、この「Onion Omega」用の専用サイトにて様々なライブラリが配布予定な様なので、JSONでプログラムを書いた事がなくても、かなり楽にプログラミングができのではないかと期待できる。
またプログラミングはブラウザベースのGUIでボードにアクセスし行うので、プログラミング環境のプラットフォームはPCではなくともタブレットやスマホでもできちゃたりするので、ちょっとプログラムをいじったりと言った事も簡単にできそうだ。

“WiFi&Linux搭載のArduinoボード「Onion Omega」” の続きを読む

スマホ用37mmレンズをマウントできるアダプター「Beastgrip Pro」

最近はスマホで何でも撮影する人が多くなって来ていますが、あなたはどうですか?
スマホのCCDの解像度も高くなり、2世代前程度のデジカメだとCCDの画素数だけ比べるとスマホの方が高画素数(CCDの大きさは別として)だったりします。そんなスマホですが、レンズが固定なのでズームができないのが難点です。ズームをしようと思うと、デジカメやビデカメラで言うところのデジタルズーム(PCで撮影した画像ファイルを拡大して見ると、画素(ピクセル)が大きくする)となり、見た目画質が荒くなります。
そこでスマホ用のレンズとして機種専用でレンズが販売されていますが、それだと機種変更をすると使えなくなったりしてしまいます。そんな無駄をなくす為に最近ではソニーのQX10の様なスマホをモニター代わりににするデジカメもありますが、ビデオカメラレンズをいっぱい持っている人であれば、その資産を使わない手はないですよね。
この「Beastgrip Pro」はビデオカメラ用の37mmマウントのレンズをスマホで使える様にするアダプターです。スマホを固定するフレームは可動式なので、iPhone5だろうとiPhone6Plusだろうとフレームに固定できる大きさのリミット以内ならどの様なレンズでも取付可能です。
更に37mmレンズのマウントがついており、このマウントも可動式なので、スマホのレンズ位置に合わせて移動する事ができますので、スマホの機種問わず使う事をできます。ですので、手持ちのワイドレンズや望遠レンズ、魚眼レンズ等、マウント径が同じであればどのメーカーのものでも使えますし、コンバーター使えば37mmマウントでなくても仕様する事が可能です。

“スマホ用37mmレンズをマウントできるアダプター「Beastgrip Pro」” の続きを読む

4つの形態に変形するお絵かきロボット「mDrawBot」

ロボットを作って絵を描かせてみたいと思った事はありませんか?ただ絵を描くだけなら、ロボットアームやレーザーCNC等があれば最近は簡単に描かせる事ができますが、
それでは夢がないですよね。やはりDIYで自作ロボットでと思う事もあるでしょう。DIYする事で原理を覚えたり、更にそれを工夫してオリジナルなものを作ったりする事ができます。

この「mDrawBot」は4つの形態に変形できるDIYお絵かきロボットです。小学生くらいの子どもでも組立られるレベルのロボットな感じがしますので、ロボットに興味のある小学生の教材として使うのもいいかもです。

使い方は簡単で、マニュアルに沿ってロボットを組立て、後は専用ソフトでドローデータを作って転送して描かせるだけです。メインボードはArduinoで動いているので、UNOで代替できますので、部品を揃えてArduinoを用意すればキットを買わなくても

https://github.com/Makeblock-official/mDrawBot.

こちらにソースは公開されているので自作可能です。

またキットに含まれる部品はMakeblockで買えるものばかりです。ですので、後から拡張させてもっとオリジナルなものが作りたいと思えば、このサイトでフレーム部品等を買えばオリジナルなお絵かきロボットが作れますし、お絵かきではなく、超音波センサーやIRセンサーを付ければ、ベースはArduinoなので、プログラムを自分で書けば、お絵かきをしなくても自走ロボットを作ったりする事もできます。

 

“4つの形態に変形するお絵かきロボット「mDrawBot」” の続きを読む

スマホをディスプレイにしたARヘッドマウントディスプレイ「Impression π」

スマホをヘッドマウントディスプレイにしてVR(バーチャルリアリティー)を体験できるアダプターは数多くあり、スマホのディスプレイを使い、スマホ内蔵のセンサーを使うので、スマホを収めるケースだけあれば簡単にVRヘッドマウントディスプレイが作れるので、ダンボール製から、ちゃんとプラスティック成形されたものまで様々なものがあります。
またスマホ内蔵の9軸センサーを使うので簡単にどの方向に向きを変えたか?等々すぐにデータは取得できVRディスプレイにするにはもって来いのデバイスでもあります。ただVRなので自分自身はその中には入っていけませんし、何かモーションを起こしても実際には反映されないのがちょっと残念です。

そのVRにAR(拡張現実)機能を加えたのがこの「Impression π」です。ARは実際に見ている映像の中に自分の動きを投影させる技術です。例えば見えている視線なので、手や足と言った部分を実際に映像の中に合成し仮想の手を、見ている仮想の映像の中に合成する事により実際に自分の手を見ることができ、実際にはないモノを動かしてみたりする事ができますのでより現実に近くなります。

 

“スマホをディスプレイにしたARヘッドマウントディスプレイ「Impression π」” の続きを読む

引っ掛けてもすぐに外れるイヤホンジャック「MAGZET」

あなたはケーブルを引っ掛けたり、とっさに引っ張ってイヤホンを挿していたスマホやプライヤーを床に落とした経験はありませんか?

机の上にプレイヤーを置いてイヤホンをして音楽を聴いていて、慌てて立ってそのままプレイヤーが引きずられて床に落下………
ポケットに入れていた音楽プレイヤー。カバンがケーブルを引っ掛けてポケットからプレイヤーが飛び出し、そのままイヤホンが外れて床に落下・・・・・・・・

なんて事、少なくとも1度は体験した事があるでしょう。そんな時、Bluetoothのワイヤレスのヘッドホンにしておけばよかったな、とか引っ掛けてもすぐに外れたら…….とか思った事はありませんか?

この「MAGZET」はそんなイヤホンケーブルを引っ張ったり引っ掛けても、そのままプレイヤーがついて来ないアダプターなのです。原理は単純で、アダプターが磁石でくっつく、それだけです。
磁石でくっついているだけなので、引っ張れば簡単に外れます。また装着も磁石なので、パチッとはまります。何故今までこんなアダプターがなかったのだろう?と思いますよね。
AppleWatchでもこのマグネットプラグが採用されてます。昔はホットプレートとか卓上の電磁調理器とか、ケーブルを引っ掛けたら危ない!!ってのもに採用されていましたが、最近は防水性を
上げる為にわざとマグネットプラグを採用したデバイスも色々と出て来ます。これも規格が統一されて、標準化されてば色々なケーブルが出て来て面白いのですね。

“引っ掛けてもすぐに外れるイヤホンジャック「MAGZET」” の続きを読む

WiFi搭載でブラウザベースでプログラミングができるArduino互換機「Phasor」

ArduinoYunが遂に技適を取って、国内でも使える様になりましたが、Yunって高いのでなかなか使い辛いですよね。Yun使うならArduino互換機ボードにWiFiモジュールくっつけて使った方が遥かに安上がりです。でもボードにWiFiモジュールが載っているのって魅了ですよね。

この「Phasor」は最近安価なWiFiモジュールに搭載されているESP8266を搭載したWiFi搭載のArduino互換機です。しかも特徴は32MBitのRAMを積んでおり、Webサーバー構築するにはかなり余裕あるメモリーを標準で搭載しており、
それ以上に特徴的なのがブラウザベースでGPIOの操作、プログラミンが可能なことです。この「Phasor」をWiFiネットワークにつないで、ブラウザで「Phasor」にアクセスすれば、GPIOの操作がブラウザベースでできたり、ArduinoIDEで書いたコードをD&Dでアップロードする機能も有しているので、いちいち有線でPCと繋いでアップロードする手間すらかかりません。
更にファームが変更になった場合もD&Dでアップロードすれば最新のファームに書き換えられる、まるでいまどきのルーターの様な感じで使えるArduino互換機です。

“WiFi搭載でブラウザベースでプログラミングができるArduino互換機「Phasor」” の続きを読む

AppleWatchバンドアダプター「Click」

もう1か月もすると世の中にはAppleWatchを腕にはめた人を街のいたるところで見ることになるでしょうが、そのAppleWatch、バリエーションの数もさることながら、交換用のバンドも数多くリリースされる模様です。価格も5800円~54800円までと幅広く色々な素材、デザインのものが用意されています。
ただ世の中には他人と同じものは身につけたくない、差をつけたいという方も数多くおられます。AppleWatchのバンドもオプションで数多くリリースされる模様なので、他人と被ることは滅多にないと思いますが、
それでもお気に入りのメーカーやデザインのバンドがあったりすると、それを使いたいですよね。

そんなApple純正ではなく市販のバンドを使いたい人のためのアダプターがこの「Click」です。この「Click」は市販の時計用のバンドをAppleWatchに取り付けるためのアダプターになります。つまり、このアダプターを使えば、自分の好みのバンドをAppleWatchにはめて使う事ができるのです。

どうです、このアダプター、便利ではありませんか?またアダプターを複数個買っておけば、TPOに合わせてバンドを交換することも容易です。何せAppleWatchはスライドさせて簡単にバンドは取り外せる様になっているので、簡単に脱着できますので朝、服装に合わせてバンドを手軽に交換するって事もできます。

“AppleWatchバンドアダプター「Click」” の続きを読む

10,000mAhバッテリー内蔵GoPro用ハンディーグリップ「FATBAT」

撮影している時にバッテリーが切れて困った経験はありませんか?ビデオカメラでもスマホでもGoProでも、バッテリーがなければ撮影ができません。でも予備バッテリーをたくさん持ち歩くのも大量の予備バッテリーを充電するのも手間ですよね。
それならば、大容量のモバイルバッテリーを1個持っていれば十分ですが、そのモバイルバッテリーもどう持つか?バッグに入れておくのか?ポケットに入れておくのか?結構悩ましいのも事実です。それならば、撮影機材に取付られれば便利じゃんって事で、この「FATBAT」はハンドグリップになるGoPro用モバイルバッテリーです。GoProがマウントできるマウンタと電源ゲーブルがついたアダプターがついており、更に三脚や一脚が取付られる様にネジ穴が切ってありますので固定して撮影する事も可能です。またUSB出力もあり、USB出力端子は2個あり、1Aと2Aの出力があるので、iPad等も余裕で充電可能。更にバッテリー容量は10,000mA。GoProなら最長、12時間の連続撮影が可能。もうこれ1つあれば予備バッテリーは必要ありません。

更にこのバッテリーの良い所。それは18650電池を使っている事です。普通、こう言うモバイルバッテリーは中のバッテリーそのものは交換できないものが殆どです。ですが、このモバイルバッテリーは18650充電池を使っているので、もしバッテリーの寿命が来てしまったら充電池を交換すればまた新品の様に使えてしまうのです。ちなみに18650電池はAmazon等でも手軽に手に入ります。

“10,000mAhバッテリー内蔵GoPro用ハンディーグリップ「FATBAT」” の続きを読む

USBポートが1つでも大丈夫、いくつでもスタック接続できるUSBケーブル「InfiniteUSB」

ノートPCにUSBポートが1つしかない時、あなたはどうしていますか?USBメモリーやマウス、またまたはスマホと、常にノートPCに接続する機器があり、ノートPCのポートが少なくてとか、2つあってもコネクターが干渉して差し込めないと言った事は多々ありますよね。
そんな時はUSBハブの出番なのですが、持ち歩くのって面倒ですし、充電する場合、USBハブの場合、出力が足らずに充電できなかったり、別途電源アダプタを持ち歩かないといけなかったりと、これはこれで面倒ですよね。

そこでこの「InfiniteUSB」ならケーブル長が20cmなので、まずかさばりませんし、そして何と言ってもこのケーブルの目玉はスタック接続できる点。おそらくUSBハブ用のチップを載せていると思われるので、いくつでも繋いでポートを増やせる、優れたUSBケーブルです親カメの上に子カメを…..ではないですが、次々に連結して使えますし、必要な個数分だけ繋げればいいのでとてもコンパクトな設計になっております。

これさえあればUSBポートが塞がっていても安心です。次々に繋げていけばその数だけUSBポートが増やせますので、もうUSBポートの数が少ないと嘆く事はなくなります。が、ここで注意。PC本体に接続するポートは同じUSBポートですので、例えば、スマホを充電に使ったりだとか、大量に電力を消費するUSB機器や、スマホを何台も繋いで充電しちゃうと給電不足で充電できなかったりしますので、要注意です。

“USBポートが1つでも大丈夫、いくつでもスタック接続できるUSBケーブル「InfiniteUSB」” の続きを読む