クイック脱着できて角度も変えられるiPad用スタンド「YOHANN」

スマホもそうだが、iPadをはじめとするタブレットも、角度をつけて立てる、角度を変えられて
なおかつ簡単に脱着でき、固定するのにアダプタ等をタブレット側につけなくても良いって
商品は数少ないと思う。

私もiPadは純正のケースを使っているが、角度をつけて立てるのはちょっと不安定だし、
子供が強くディスプレイを押したりすると倒れたりするので、この「YOHANN」は便利だと
思った。

何せ、挿しこむだけでいいのだ。iPadに磁石を張り付けたりする必要もない。そして角度
も3段階に変えられる

“クイック脱着できて角度も変えられるiPad用スタンド「YOHANN」” の続きを読む

カードや鍵やお札を入れておけるお財布になるiPhoneケース「iShove Wallet」

世の中、財布を持たない人も多い。私も昔は財布持つのが面倒で、お札はマネークリップで挟み、
小銭も一緒にポケットの中だった。

日本ではお財布ケータイとしてケータイにFeliCa内蔵させて決済に使えるが、iPhoneにはその機能はない。
なおかつ、現金だけしか使えないと言う所もまだまだ多い。

なので、このケースみたいにリアルお財布ケータイがあれば便利じゃないか!!

“カードや鍵やお札を入れておけるお財布になるiPhoneケース「iShove Wallet」” の続きを読む

スマホで操作できてマクロも組めるArduinoベースの学習リモコン「AnyMote Home」

Arduinoで赤外線リモコンのレピーターや学習リモコンを作った事があるが、学習リモコンを作る場合、
コードをどうやって記憶させておくか、が1番の問題だ。特にエアコンの信号はボタンを押すと、設定温度
やモードを1つのボタンで送信するので、コードが長くなり、ArduinoのSRAMに格納するにも5個もコード
を学習すればいっぱい。外付けのMicroSDカードなんかに記録したりする事になるのだが…..結構大変だった。

この学習リモコンはBluetoothで端末とリンクし、アプリ側でコードを記録するので、メモリ制限がほぼない
(あるのだが、Arduino単体でやるよりかは、ずっと自由度が高い)

“スマホで操作できてマクロも組めるArduinoベースの学習リモコン「AnyMote Home」” の続きを読む

靴に装着してランニング分析に使えるセンサー「runScribe」

ランニングフォームを細かく分析しようと思うと、トレッドミルの上でマーカーを付けて、モーションキャプチャーして
なおかつ、靴底に仕込んだ圧力センサーで圧力を計測して分析ってイメージしかなかったのだが、この「runScribe」
は9軸センサーとスマホを使い、これら大がかりなン百万もかけてやっていた分析をいとも簡単にやってのける
計測機だ。

陸上選手にとって、ランニング時のフォーム分析はスピードアップだけでなく、いかに身体に負荷のかからない走りが
できているか?を見る上で重要なのだが、それをこのセンサーは9軸センサーのデータだけでやっている。
かなりのサンプリング分析をしてアプリを作り上げたのだと思うが、これだけで歩数や、回内角速度や離地時、接地時
の衝撃(G)等々を表示してくれている。

“靴に装着してランニング分析に使えるセンサー「runScribe」” の続きを読む

ATMEGA128Pを積んだArduino互換機「Mini Duino+」

前々から気になっていたATMEGAチップがあった。ATmega1284p
何せ、Flashメモリが128kバイト、SRAMが16k。Atmega328の32k,2kに比べると
8倍の容量。ATmega2560に比べるとFlashは半分だが、まだ2560に比べると40ピンなのでSOPでも手ハンダ
し易い!?
328でWiFiモジュール積んでコーディングするとすぐにメモリー不足に陥いる、かと言ってMEGA使うにもボードが
大きいし、I/O余るので勿体ないし、SRAM増設やMicroSDにデータは書き込んで逐次処理していたのだが、
処理が面倒なので1284使いたいなぁ~と思いつつもボード起こすのが面倒だと思っていたら、Kickstarterに
やっぱり登場した。

しかも既にボードは出来上がって、後は量産体制か!?

“ATMEGA128Pを積んだArduino互換機「Mini Duino+」” の続きを読む

センサーの役割を視覚的に簡単に学習できる「VERVE 2」

子どもにセンサーの使い方や、こう言う事をしたいんだけど、どんなセンサーを使ったらいいのか聞かれた時、
このセンサーはどう言う時に使って、どう言う仕組みかと子どもに教え、理解できるまでかなりの時間を要する
ウチではArduinoにセンサーを繋いで、processingで実際の出力値をグラフ等で可視化させ見せるが、なかなか
実践が伴わないのと、実用的ではないのでなかなか理解するのは難しい。

今回、Kickstarterで見つけたボードは、このボードは子どもでも簡単にセンサーを使って、何か作るのに役立つな
と思ったので紹介してみたいと思う。

“センサーの役割を視覚的に簡単に学習できる「VERVE 2」” の続きを読む

$59で手に入るBluetooth電子錠「Noke」

自転車向けの電子錠のキャンペーンをいくつもクラウドファウンディングで見て来たが、
今回、Kickstarterで見つけたNokeはちょっと、開錠の操作が変わっていて面白いので
紹介してみたい。

“$59で手に入るBluetooth電子錠「Noke」” の続きを読む

フィラメントからペレットへ!!3Dプリンター「David」

フィラメントは高価だからペレットを使って安価に3Dプリントを行っちゃおうと言う趣旨の3Dプリンター「David」がようやく
Kickstarterで投資の募集を開始した。

フィラメントも素材や種類によって値段もン千円からン万円と幅広い。なので、ペレットを使えば、もっと安上がりに3Dプリント
できると言う事なのだが、確かに再生ABSペレットとかは安い。でも、kg単位で売ってたかな?

この3Dプリンターのプリンタを開発販売するSculptify社が素材も販売するのだが、日本から買うとなると送料がバカにならないので
国内で少量多種のペレットを扱っている所を見つけないといけないと言う問題がある。(実験用にABSのペレットを買おうと探した事が
あるが25kg単位で、しかも最低購入数量を言われ、結局知り合いのところから少量だけ分けてもらった事がある。

 

アイロンビーズとかなら安価に売られているが、アイロンビーズも使用可能なのか?

“フィラメントからペレットへ!!3Dプリンター「David」” の続きを読む

電動一輪車「The Urban Glider」

また新たなガジェットが登場した。プロモーションPVでは既に試乗して撮影して撮っているので、実在するものだし、
FOX2NEWSに取材された動画のリンクも載せている。

セグウェイが世に出て13年余り。その当時のインパクトを今でもよく覚えているが、今度Kickstarterで募集を開始した
電動一輪車「The Urban Glider」もそれくらいの衝撃があった。

電動部分のスペックは、20マイル(約32km)、6時間の連続走行が可能
13.5MPH(約時速21km)での走行が可能で、30分で約80%まで充電可能な、260Whのバッテリーを内蔵している。

“電動一輪車「The Urban Glider」” の続きを読む

Bluetoothタグにパスワードを記録する「SmartKee」

ちょっとユニークなタグが登場した。Find it!!タグの機能も備えながら、タグにパスワードを記録する
機能も備えたタグがKickstarterに登場した。

まずFind it!!の機能としては、ベーシックな機能は備えている。Bluetooth4.0で端末とリンクされて
いれば、タグはブザーを内蔵しており、端末からタグを呼び出せばタグが鳴り、居場所を教えてくれる。
また、Bluetoothのリンクが切れても鳴り、盗難防止にもなる。

またこの機能は、「No Disturb Mode」と言う機能がアプリにあり、任意に設定した時間帯や時間では
Bluetoothのリンクが切れても鳴らなくなる。これは自宅にいたりして、タグをつけたキー等から離れても
鳴らないようにすると言った時に使う。

また端末のGPS情報を記録していて、タグとリンクが切れた最後のロケーションを記録しているので、
無くしたタグを探す時に便利に使えるようになっている。

なお、タグのボタンを押す事により、端末を鳴らす事も可能なので、どこに端末を置いたのかわからない
時に使える機能も備わっている

“Bluetoothタグにパスワードを記録する「SmartKee」” の続きを読む