5kgまでの頭ならしっかりと支える事ができるコンパクトかつ軽量なトラベルピロー「HANDYCOSY」

 皆さんは飛行機や電車、そして長距離バスでの移動時に快適に過ごす為に”トラベルピロー”を使われる方は多いと思いますが、そのトラベルピローは使っていて本当に快適ですか?
と言いますのもトラベルピローと言っても素材や形そして大きさも様々ありますが、どれにも共通して言えるのは為にコンパクトに折り畳める携帯性です。とにかく寝る時以外には必要のないものなので、荷物の多い旅行などはコンパクトさが求められますので、多くの方は空気で膨らませるタイプのトラベルピローを選ばれるでしょう。ですが意外と空気って弾力性がありませんし頭をもたげると凹んで更に首は傾きますから、それが原因で変に首が折れ曲がっていて現地に到着する前に目覚めてみると寝違えていて首が回らないなんて事になった事がある方もおられるでしょう。
 では何故、膨らませた空気枕が凹むのか?それは頭が重いからです。一般的に成人の方の頭の重さは体重の10%前後と言われていますので、体重50kgの方であれば5kg、70kgの方であれば7kgもあるのですから、それがあの細い空気枕の上に乗れば圧力で凹むのは当然で、凹めば更に首は折れ曲がりますし、そして首や肩の筋肉は異常に引っ張られて固くなります。
 だとしたらどう言う”トラベルピロー”を選べば移動中を快適に過ごせなおかつ首も痛めないのか?それを追求したのがこのトラベルピロー「HANDYCOSY」です。


“5kgまでの頭ならしっかりと支える事ができるコンパクトかつ軽量なトラベルピロー「HANDYCOSY」” の続きを読む

爪楊枝からファイヤースターターへ。スイス・アーミーナイフに新たに火起こし機能を追加する「Firefly」

スイス製のアーミーナイフを使用されている皆さん、アーミーナイフには実は”爪楊枝”が付いているってご存知でしたか?
え?どこに?と思われる方も多いかと思いますが、”爪楊枝”が入っているタイプのアーミーナイフにはちょうどサイドの外側のパネルにアイボリー色のちっちゃなスティックが差し込んであると思いますが、それが実は爪楊枝なのです。
確かに爪楊枝先が全く尖っておらずヘラの先の様に平で、我々が日頃目にしている爪楊枝とは全く似ても似つかないのでこれがまさか”爪楊枝”だとは思われなかったのだと思いますが、実はこれが”爪楊枝”で、ほぼ使った事がないと言う方が大半ではないでしょうか?
小生も初めてアーミーナイフを買ったのがちょうど35年前で、爪楊枝の他にピンセットまで付いているタイプのものなのですがピンセットはよく使うのですが爪楊枝は未だかつて使った事がなく、その全く使用しないスロットを有効活用しようと言うのがこの「Firefly」です。


“爪楊枝からファイヤースターターへ。スイス・アーミーナイフに新たに火起こし機能を追加する「Firefly」” の続きを読む

最大1ヶ月も連続点灯が可能なランタンにも懐中電灯にもなるソーラーパネル搭載充電式LEDライト「HELIO」

 みなさんは電池に使用期限って言うものがあるってご存じでしたか?実は電池にも食品の”消費期限”にあたる”使用推奨期限”と言うのが設定されており、この使用期限以内でしたら使用しても問題ありませんが、その期限を過ぎると自然放電してしまっていて全く使えなかったり、液漏れしていて使えなくなっていますと言うものがあるのです。
 それは電池が化学反応によって電気を起こしている為で、常に反応を起こす物質は接していますので電気を流さなくても少しずつその反応は進んで行って最終的には反応しなくなるからなのです。ですからいざ、何か災害が起こった時に懐中電灯!!と思って点灯させても全く点かないと言った事も起こり得るのです。

 ですが災害の時と言うのはインフラも止まっていまいますし、お店だって開いていないかもしれませんし、開いていても商品がないかもしれません。実際に2011年に起こった”東北地方太平洋沖地震”の際には関東から北の地方では乾電池が売り切れて手に入らないと言う事態が起きましたので、いざ大きさ地震が起こると自前で備蓄している事の大切さと言うものを実感するわけなのですが、実際に”非常持ち出し袋”に懐中電灯と予備の電池を入れておいたとしても何か災害が起こらなければ見ませんし、水や食品等はちょっと気になって消費期限を見たりしますが、電池なんて使ってもいないのに勝手に容量が減って行くなんて思っている方は殆どおられません。

 ですが、そう言う時にこそ役立つのが、このLEDライト「HELIO」です。


“最大1ヶ月も連続点灯が可能なランタンにも懐中電灯にもなるソーラーパネル搭載充電式LEDライト「HELIO」” の続きを読む

効率良く身体を温めたり冷やしたりするならこのスマート腕時計が最高にCool!!「Embr Wave」

 風邪を引いて熱が出た様な時に今までの常識ならオデコや後頭部を冷やしていましたが実はこの場所は体温を下げると言う点においてはあまり効果はなく、最近では脇の下や首や鼠蹊部(内腿)を冷やす方が効率的に体温を下げる事ができると言うのが分かっています。
 では何故頭は効果が薄いのか?それは熱伝導の観点から、頭を冷やしても皮膚と頭蓋骨の間には薄い筋肉や筋膜、そして神経や細い血管しかない上に骨と言うのは熱伝導率が悪いので頭を冷やしてもあまり脳内の温度が冷却効果によって効果的には下がらずただ単に暑い時に団扇は扇風機で仰いで風が気持ち良い、心地よいと感じるのと同じで気分的なものなのです。
 それよりも脇の下や首、鼠蹊部と言った場所は太い血管が通っており(首も脇の下も鼠蹊部も血管の上に指を当てると鼓動が指に伝わるくらい皮膚に近い場所に血管が通っているのです)、そこを冷やす事で血管内を流れる血液をダイレクトに冷やされ、その冷やされた血液が血流によって全身に送られますので、これらの場所がより効率的に体温を下げる事から最近ではこの熱伝導の良い血管が皮膚に近い場所を冷やす事が推奨されています。

 そして今回紹介する「Embr Wave」は脇でも首でも鼠蹊部でもなく、腕時計型デバイスなの手首から身体を温めたり冷やしたりします。


“効率良く身体を温めたり冷やしたりするならこのスマート腕時計が最高にCool!!「Embr Wave」” の続きを読む

SOS機能やグラスブレーカー機能も付いたボルトアクションペン「GP 1945 Bolt Action Plus Pen」

みなさんは筆記用具を選ぶ際にどう言う基準で選んでいますか?
例えば書き味で選ぶ人もいれば、持った感じで選ぶ人もありますし、それよりもデザイン重視と言う方もおられるでしょう。
そんな中で今回は男子にはとっても受けそうなサバイバル用品を連想する様なフォルムの「GP 1945 Bolt Action Plus Pen」をご紹介します。


“SOS機能やグラスブレーカー機能も付いたボルトアクションペン「GP 1945 Bolt Action Plus Pen」” の続きを読む

この発想って今までなかったけれど超便利じゃない!?と思えるボトルカバー「The Rushpack」

 スポーツをされている方や会社や学校へ水筒を持って行かれている方は保温と強い衝撃による破損から水筒を守る為にボトルカバーをつけて持ち歩いておられると思いますが、そのボトルカバーってただ単純に水筒を包み込んでいるだけですが、そのボトルカバーにポケットがあって荷物を入れる事ができたら….なんて事は思った事はないでしょうか?
 昔からおそらくボトルカバーと言うと水筒を包むためのもの、と言う意味合いが強くそのカバーにポケットをつけるなんて発想があまりなかったのか?あったけれど消費者の方々に受け入れられなかったのか?わかりませんが、そう言うカバーって見かけません。

 ですがポケットがあればすごく便利じゃない?と言うコンセプトで生まれたボトルカバーがこの「The Rushpack」です。


“この発想って今までなかったけれど超便利じゃない!?と思えるボトルカバー「The Rushpack」” の続きを読む

自宅の庭でBBQするのに最適な!!煙や臭いを出さないバーベキューコンロ「BioLite FirePit」

 ようやくあの暑かった日々も過ぎ去り、日が暮れると少し肌寒く感じる様になって来ましたが、これだけ過ごしやすくなると外に出てBBQでもしてみようかと言う気にもなりますが、自宅の庭やベランダでBBQをやるのってご近所さんへの迷惑を考えるとちょっと考えてしまいますよね。
 と言いますのも夏の暑い日ですと窓を閉め切って空調を入れておられる家庭が殆どですが、こう涼しいと窓を開けて過ごされているお宅も多く、そう言うご家庭に煙や臭いが流れて行ってしまうのが一番の心配です。ですがそう言う時にこのバーベキューコンロ「BioLite FirePit」があればそんな煙や臭いの心配をしなくても済みます。


“自宅の庭でBBQするのに最適な!!煙や臭いを出さないバーベキューコンロ「BioLite FirePit」” の続きを読む

秘密の隠しポケットが嬉しい700mLステンレスボトル「Bindle Bottle」

みなさんは海やプールと言った荷物を置いて、荷物から離れて遊ぶ様なアミューズメント施設に行った時に貴重品ってどうしていますか?
一番多いのが防水ケースに入れて首からぶら下げたり身に付けたりと言う方が多いのですが、中にはきっと安全だからとバッグの底に隠してそのまま置いておくと言う方がいると言うのにはちょっと驚かされます。
だからと言って身に付けていると動くのに邪魔な場面があったり、知らない間に紛失していたりと言う危険性も波乱でいたりしますのでセーフティーボックスの様な場所へ預けるのがベストだと言えるのですが、だからと言ってどこにでもセーフティーボックスがあるとは限りませんし、また預けたとしてもその場所が遠くて出し入れに手間と時間がかかるのであれば使うのも躊躇してしまいそうです。

そんな時にこの水筒「Bindle Bottle」があれば貴重品を安全に預かってくれるかもしれません。


“秘密の隠しポケットが嬉しい700mLステンレスボトル「Bindle Bottle」” の続きを読む

キャンプに持って行くには最高なLEDランタンにもなるバッテリー内蔵電動コーヒーミル「LUME」

 ようやく山奥の標高の高いキャンプ場へ行かなくても、夜は寝やすく過ごしやすい気候になって来ましたのでキャンプへ行かれる方も増えて来るのではないかと思いますが、そのキャンプで朝を迎えた時に飲む一杯のコーヒーがまた格別です。
 残り火に炭を足して火を大きくしてポットをかけてお湯を沸かしてドリップする…..日常の生活を離れて本当に何もかも忘れてその瞬間を楽しめるひと時です。

 そんな一杯のコーヒーを、最高の一杯に仕上げる事ができる魔法のコーヒーミルがこの「LUME」です。


“キャンプに持って行くには最高なLEDランタンにもなるバッテリー内蔵電動コーヒーミル「LUME」” の続きを読む

日常生活で使える道具、使う道具だけを集めたペン型厳選マルチツール「BitzBlade 2.0」

 アーミーナイフってみなさんはご存じでしょうか?日本後では”十徳ナイフ”とも呼ばれていますが、いわゆる1つのガジェットであんな事もこんな事もできると言う道具になるのですが、何でもかんでも機能を詰め込めばできる事は増えて便利に使えるのでしょうが、機能が1つ増える毎に重量は増えそして大きくなり、使う時に大き過ぎて持ち辛かったりします。実際のところ小生の持っているアーミーナイフも現地で30年以上も前に購入したものを未だに愛用しているのですが、使うと言えばナイフ、ハサミ、ネジ回し程度で、コルク抜きやノコギリ、ルーペ、千枚通しなんて言うものもついているのですが、殆ど使う機会もなくプラスチック製の”爪楊枝”も差し込んであるのですが、これも使った事すらありません。
 と言う様に20通りの使い方ができますだとか30通りの使い方ができるツールが1つに内蔵していますと言うアーミーナイフ(マルチツール)は便利な反面、その人の生活や行動の中で使わないものは絶対に多く、そんな不要な使わない道具は入れず、でもこれは必要だろうと言う道具だけはしっかりと組み込んだペン型マルチツールがこの「BitzBlade 2.0」です。


“日常生活で使える道具、使う道具だけを集めたペン型厳選マルチツール「BitzBlade 2.0」” の続きを読む