ホーム > タグ > シリコン

シリコン

一眼レフのレンズをあらゆるものから保護し、幅広いサイズのレンズに使える新しいレンズキャップ「KUVRD」

一眼レフを使っているみなさん、レンズキャップを無くしてしまったって経験はありませんか?
例えば撮影に夢中になり過ぎていたり、カメラにレンズをつけた状態で移動した後で、カメラからレンズキャップを外そうと思ったり、つけたりしようと思った時にレンズキャップがなくなっている!!と言う事って誰しもがよくある事です。

これがプロの方や長年カメラを趣味やられている方であれば予備のフロントとリアのレンズキャップを持ち歩いておられたりしますが、普通の方はレンズキャップなんて紛失するなんて思っていませんし、またそんなに簡単にレンズキャップが外れるなんて思っておられないでしょう。

ただ、外れて紛失しただけならレンズキャップを買いに行って取り付ければ良いのですが、その買いに行って取り付けるまでに砂埃がついたり何か硬いものが当たってレンズが傷ついたりと言うのはよくある事です。

そんな時に今回紹介するレンズキャップ「KUVRD」を使っていればレンズキャップを無くす事がありませんし、それ以上にレンズをしっかりとあらゆるモノから保護してくれます。

全文を読む

様々なケーブルを綺麗にかつ簡単にまとめる事ができるケーブルクリップ「Budsband 2.0」ファーストインプレッション

つい2ヶ月ほど前にKickstarterにてキャンペーンが行われていた「Budsband 2.0」が到着したので、さっそくその使用レポートをお届けします。

ケーブルを長持ちさせる収納の方法はみなさんご存じでしょうか?ケーブルには銅の合金で作られた線が使われていますが、針金を例に取りますと金属は曲げたり伸ばしたりを繰り返すと最終的にはそこで破断、断線してしまいます。
ですからケーブルは基本、円を描くように巻いて束ねて収納しておくのがベストで、持ち運ぶ時も同じです。
とにかく鋭角に曲げれば曲げるほど銅線に亀裂が入って切れてしまいますので、ヘッドホンやイヤホンの細い線がすぐに切れてしまって困ると言う方は円を描くように巻き、線をできるだけ鋭角に曲げないのがコツで、バッグにクシャクシャとイヤホンを入れるのもNGです。

そこで、ケーブルを円を描くように巻いた後にケーブルが解けない様に留めておくのがケーブルクリップなのですが、今までにマジックテープタイプのものや磁石タイプのものなど様々なタイプのケーブルクリップを使って来たのですが、とにかく小生の使い方に合致するケーブルクリップなく、今回「Budsband 2.0」に投資したと言う訳です。

今回、小生が投資したのは$29の4セット(色は4色の中から自由に組み合わせ可能)で、4本で1セットとなっています。

 

そしてパッケージの裏には使い方のサンプルが書いてあります。

実はこの「Budsband 2.0」には1つ前のバージョンがあるのですが、元々イヤホンのケーブルを束ねる為に作られたもので、イヤホンの3.5mmジャックコネクタに差されば良いと言う事で、それ以上の太さのケーブルやコネクタを通すには伸びが悪くて無理しないと入らなかったのですが、この「Budsband 2.0」バージョンになって非常によく延びるシリコンが使われている為にLightning,microUSB,USB-C,3.5mmイヤホンジャックなど様々なケーブルに使える様になっています。

使い方は非常にシンプルで2重になった輪にケーブルを通して「Budsband 2.0」をはめ込みます。
ケーブルへの通し方は様々ありますが、まずはコネクタ部分に引っ掛けるパターン。このパターンだとコネクタを抜く際に「Budsband 2.0」が丁度良い滑り止めになって抜きやすいと思います。

そして巻いたら「Budsband 2.0」をケーブルの束に対してクルッと一巻きしてコネクタの端子部分に引っ掛けるだけ!!
これがまた外れないし、コネクタ部分に引っ掛ける時も「Budsband 2.0」を引っ張ってたら勝手に穴は延びて広がっていて、そこに端子を突っ込むだけとかなり使い勝手は良く、今まで使ったケーブルクリップの中でも束ねるスピードは最速です。

そしてケーブルの通した方の違うタイプ。ベロの部分をコネクタ側に向けてケーブルに入れるか……

 

そうかベロの部分を反対側に向けて入れるか………..

実際に巻き終わった部分のアップです。

 

私は電源アダプタを使う時は余ったケーブルを巻き取った状態で使うのですが、この時に引っ張ってもクリップが外れる事はありませんし、また引っ張る事でわっかが小さくなる様な事もない(シリコンが抵抗になってストッパーの役目を果たしているんですかね..)のが最高です!!

と言う事で、ただのシリコン製のクリップなのですが、意外と使い易くイイのですが、テーブルタップ(延長コンセント)には流石にコンセント部分が太すぎて入りませんでしたので、最後に付け加えておきます。

なお商品は国内で扱っているのは下記URLのRAKUNEWさんです。

https://www.rakunew.com/items/78704

ポンと置くだけなの5段階に角度をつける事ができるスマートフォンスタンド「Phone the Rock」

 スマートフォンをデスクの上に置いて使ったりする事ってよくあると思うのですが、実はその使い方は手に持って操作しない分、腕への負担は少ないのですが、首への負担は飛んでもなく大きくなっているってご存知でしたでしょうか?
 例えば人間の頭と言うのは体重のおよそ1/10の重さがあ理、例えば体重が50kgの型であれば頭の重さは約5kgになります。これがちょっと俯き加減になって30度程度の傾くと頭を支えている首や肩の筋肉にかかる負荷は何と4倍の20kgにまで重くなり、手元に置いたスマートフォンを覗き込もうと下を向いて首の角度が60度程度にまでなると首や肩の筋肉にかかる負担は何と6倍の30kgにまで増えるのです。つまり30kgのバーベルにロープをかけ、そのロープを頭に巻きつけて首の筋肉だけでそのバーベルを持ち上げるトレーニングを知らず知らずのウチにやっているのと変わらないくらいの運動を実はテーブルの上に置いたスマートフォンを覗き込むだけでやっているのです。

 ですから結果的に腕は楽なのだけれど、その見方そのものが肩こりの原因にもなっていたりもしますので、できればデスクの上に置く時も角度をつけてできるだけ下を向かないで楽に見る事ができる角度をつけて置くのが首には優しく、置く位置を変えるだけで見やすい角度を自由につける事ができるのがこの石の様なフォルムをしたスマートフォンスタンド「Phone the Rock」です。

全文を読む

Home > タグ > シリコン

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。