ホーム > タグ > バンド

バンド

クリッパーでも切る事が不可能な超軽量バンド式ダイヤルロック「OTTOLOCK™」

自転車の鍵ってどれくらい安全かご存じですか?昔からよく自転車についている箱状の前輪錠、そして後輪についているリング状や馬蹄錠と言った鍵で開けるタイプの鍵って簡単にクリップ1つで開けてしまう事ができますし(特殊なディンプルキー等を覗く)、ワイヤー錠やチェーン錠はクリッパー(ボトルクリッパー)と呼ばれる鉄を切る道具で簡単に切る事ができます(100%鋼鉄であれば切る事ができませんが(切れないけれども錆びますし、たいてい鉄の合金にクロムメッキされているだけ)。そして比較的破壊され辛いのはU字ロックなのですが、U字ロックは重いし長いし取扱が大変なのが欠点なのですが、そんなU字ロック同様にクリッパー程度では切れないそして軽くて取扱いのしやすい鍵があれば使ってみたいと思いませんか?

そんな切れないバンド式ダイヤルロック錠がこの「OTTOLOCK™」 です。

全文を読む

PebbleTimeの充電が不要になるソーラーチャージ・バンド「Ripple」

Pebble Timeと言うスマートウォッチをご存じだろうか?世間ではAppleWatchの方が有名ですが、2013年にE-Ink(電子ペーパー)を搭載して白黒表示だが驚くほど省電力なスマートウォッチが発表されその後、今年になり64色のカラーE-Inkを搭載したPebble Timeが発売されました。Amazon等でも買え、非公式ながら日本語が表示できる様に日本語言語パックが公開され、色々と情報をやり取りできるフォーラムもあったりと、日本でも盛り上がっております。
このPebble Timeの特徴は何と言ってもバッテリーの消費電力が少ない事が挙げられます。ですのでAppleWatchは毎日充電しなければなりませんが、Pebble Timeは1週間に1度の充電で十分なくらいバッテリーの持ちが違います。これはE-Inkと言う、表示装置を使っているおかげです。このE-Inkは自分自身は光らず(なので暗い場所では見えません)、外光がある場所でしか見る事ができませんがバックライトがないのでその分、電力を消費せず、なおかつ画面を書き換える時だけ電力を消費するので、ずっと同じ情報を表示しておくのであれば全く電力を消費しないと言う特徴のあるディスプレイなのです。

そのPebble Timeの充電は1週間に1度で良いのですが、その充電も不要にしてしまおうと言うのがこの「Ripple」なのです。

全文を読む

AppleWatchバンドアダプター「Click」

もう1か月もすると世の中にはAppleWatchを腕にはめた人を街のいたるところで見ることになるでしょうが、そのAppleWatch、バリエーションの数もさることながら、交換用のバンドも数多くリリースされる模様です。価格も5800円~54800円までと幅広く色々な素材、デザインのものが用意されています。
ただ世の中には他人と同じものは身につけたくない、差をつけたいという方も数多くおられます。AppleWatchのバンドもオプションで数多くリリースされる模様なので、他人と被ることは滅多にないと思いますが、
それでもお気に入りのメーカーやデザインのバンドがあったりすると、それを使いたいですよね。

そんなApple純正ではなく市販のバンドを使いたい人のためのアダプターがこの「Click」です。この「Click」は市販の時計用のバンドをAppleWatchに取り付けるためのアダプターになります。つまり、このアダプターを使えば、自分の好みのバンドをAppleWatchにはめて使う事ができるのです。

どうです、このアダプター、便利ではありませんか?またアダプターを複数個買っておけば、TPOに合わせてバンドを交換することも容易です。何せAppleWatchはスライドさせて簡単にバンドは取り外せる様になっているので、簡単に脱着できますので朝、服装に合わせてバンドを手軽に交換するって事もできます。

全文を読む

Home > タグ > バンド

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。