Home > アーカイブ > 2018-07-06

2018-07-06

”Swiftpoint”が進化し、プレゼンターとしても使える様になったiPadでも使えるつまんで動かすマウス「ProPoint™」

みなさんは”Swiftpoint”と言うマウスはご存じでしょうか?
このマウスはiPadで使えるマウスを検索しているとHitするマウスで、iPad上で動くアプリケーション全てがマウスで動くと言うのではなく、リモートデスクトップ系のiPadからオフィスのWindowsマシンにアクセスしてWindowsマシンを操作したり、Amazon WorkSpacesの様な仮想マシンをiPad上で操作する様な場合のみです。
ですが出先でリモートでオフィスや自宅のマシンにアクセスする事が多い方にとってはノートPCよりも軽くて薄く持ち運びがし易いiPadを使ってリモート操作できたりできますので、とても便利なのです。

ただこの”Swiftpoint”はiPadで使えるのが特徴なのではなく、トラックパッドを使った操作やWindows10からサポートされたモニターをタブレットの様に使うタッチ操作をこの”Swiftpoint”1つでできてしまうと言うマウスです。

その”Swiftpoint”が今回、プレゼンターとしての機能を付加してバージョンアップされましたのでご紹介致します。

全文を読む

あの成長に合わせて変形させる事ができるキッズライドがバージョンアップして電動に!!「INFENTO®」

2015年にクラウドファウンディングサイトのKickstarterから誕生した0歳児から14歳の子どもまで、パーツを組み替えながら成長に合わせて形を変形させて行く事のできる、ブロックの様なキッズライド「INFENTO®」があります。
「INFENTO®」はアルミフレームとジョイント、そしてタイヤにゴムベルト等々のパーツがセットになっっており、まだ自力で三輪車にも乗れない様な幼児期には”押し車”の様な形状に組み立てて幼児自らが押して遊べるおもちゃにしたり、1,2歳になって三輪車に乗れる様になると三輪車に、そして3歳くらいなればある程度バランスも取れる様になりますのでキックバイクや、子どもさんによってはキックスクーターの様な形状にしたり、その後は3輪バイクにしてペダルをこいで走れる様にしたりと様々な乗り物に変身させる事ができます。

ですから普通なら成長と共に人に貰ってもらったり、もらい手がなければ捨てたりしなければならない子ども用の乗り物を、形を変えるだけで中学校卒業くらいまでは乗り続けられると言うDIYキットで、最初にフルキットを買うか、後から部品を買い足す事でバージョンアップできるので、自転車を何度も買い直すよりも非常に安上がりでコストパフォーマンスに優れ、「INFENTO®」を使いどの様な乗り物を作るのかを考える事で物作りの楽しさ、そして想像力が強化される、教育にも良いキットなのです。

そんな「INFENTO®」が3年ぶりに新たなパーツを追加し、更にワクワクさせるキットになったので今回もご紹介させて頂きます。

全文を読む

Home > アーカイブ > 2018-07-06

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。