ホーム > タグ > カスタマイズ

カスタマイズ

3Dプリンターがあれば、ボディーを自分の手に合わせて設計・造形可能なゲーミング・マウス「Astrum」

パソコンの入力デバイスとして当たり前の様に使っているマウスですが、みなさんはマウスに対しての違和感や不満はありませんか?
特に毎日何時間もマウスを使う方であれば、そのマウスの大きさや形状の少しの違いが手や腕に対する負担となって現れます。

例えば肘から手首には橈骨と尺骨と言う2本の骨が平行に並んでいるのですが、これは上を向いて寝た状態で掌が天井を向いている状態で平行になっており、マウスを手に持って操作する状態で言えばこの橈骨と尺骨は平行ではなくクロスしている状態になり、前腕だけを見れば180°捻れれた状態にあります。
ですので掌が机の天板に向いている時点で前腕にはかなりの負荷がかかっており、更にマウスに置いてクリックを行う人差し指や中指も真っ直ぐ伸ばされれば伸ばされるほど総指伸筋や短橈側手根伸筋に負荷がかかり、最悪は肘の周辺に痛みを感じたりします(一般的にはテニス肘と言ってスマホの操作のし過ぎでも同様の症状が起こったりもします)。

ですから手はちょうどテニスボールを持つ様な感じでマウスを持つ事ができれば手にかかる負担も最小限で済むのですが、1サイズのマウスでさすがに万人に優しいマウスを設計する事は不可能で、手にピッタリとフィットする方もおられればそうでない方も必ず出て来ます。

そこを自分でカスタマイズできる様にして手にかかる負担を最小限にするのが今回紹介する「Astrum」と言うマウスです。

全文を読む

PC使用中でもキーマップを自由自在に変える事ができるプログラマブルキーボード「WhiteFox Keyboard」

 みなさんキーボードを使っていて使い辛いと感じる事ってありませんか?
 普通に文章を入力するのがメインの仕事であればあまり使い辛いと言った事は感じられないかもしれませんが、例えば会計ソフトを使って伝票を入力するのが主な仕事がったり、表計算ソフトでひらすら数字を入力しなければならなかったり、またゲームでもゲーム中での移動キーが”W,A,S,D”と言うキーが割り当てられているのだけれど、左利きなので左右のキーの割り当てをごっそり入替られたらもっとキー入力を早くする事ができるのに….なんて事を思った事はありませんでしょうか?

 中にはキーの割り当てをごっそりと全て変える事ができるキーボードもあるのですが、それはパソコンにインストールしたアプリケーションで交換しているだけであって、そのキーボードを別のPCに接続すれば普通のキーボードに戻りますので、もし違うPCで同じ様にキーの割り当てを変えたければドライバーのインストールからしないとキーマップを変更する事ができません。

 ですがこの「WhiteFox Keyboard」はキーボードの中のキーマップそのものを書き換えてしまうので、キーボードを別のPCに接続しても書き換えたキーマップのまま使う事ができるキーボードなのです。

全文を読む

Home > タグ > カスタマイズ

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。