予期せぬコンセントや電源アダプタの発火を事前に察知してアラームで知らせてくれる監視ガジェット「Firemole」

 みなさんは”トラッキング火災”と言う火が出る現象の事はご存知でしょうか?
 これは簡単に説明するとコンセントプラグにたまった埃と湿気が原因で起こる火災で、埃が空気中の湿気を吸って湿るとコンセントプラグの一方の刃からもう一方の刃へその湿気を吸った埃を通じて電流が流れる事で(電気風呂に入るとビリビリと痺れる様に水は電気を通します)ショート(短絡)しているとの同じ様な状況が作られれ、そして電熱線に電気を通すと熱を出すのと同じ現象で、徐々に発熱して行って最後に発火点の温度を越えると発火するのが”トラッキング火災”なのですが、梅雨以外にもムシっとする様な蒸し暑さが残る日は要注意なのですが、そんな”トラッキング火災”が起こる様な大量の埃をかぶったコンセントなんて棚の裏等の見えない&アクセスできない場所にあるコンセントに差し込んであるコンセントプラグですから、何もなければチェックすらしませんし見もしません。
 ですがそんな場所のコンセントですから本当は定期的に埃がたまっていないかチェックをして埃を除去しておく必要があるのですが、ついつい棚や机を移動させないとチェックできないので放置しがちです。

 そんな見えない場所のコンセントのみならず、電源アダプタやその他熱を出すものに取り付けて発火を監視するのがこの「Firemole」です。


“予期せぬコンセントや電源アダプタの発火を事前に察知してアラームで知らせてくれる監視ガジェット「Firemole」” の続きを読む