バッテリーをいかに長持ちさせるかを考えた4,000mAhバッテリー内蔵iPhoneケース「iPack」

みなさんのバッテリー残量は100%ありますか?
もし新しく買い換えたばかりのiPhoneのバッテリーが1ヶ月も経過していないのにバッテリー情報を見ると既に100%ではなくなっていたり、半年で既に95%近くにまで減少している様でしたら、それは充電の仕方が間違っているかもしれませんよ。

まず充電で一番やってはいけないのが充電しながらiPhoneを使用する事です。その理由はまず充電する事でバッテリーは発熱します。そしてゲームなどのiPhoneに過度の負荷を与えるアプリを使う事で更にCPU等々が大量に電力を消費して発熱しスマートフォンの内部温度を上げるのですが、その温度が一般的に45℃を超えたあたりからバッテリーの劣化は進むからです。
そしてもう1つが過充電です。これは寝る前にiPhoneを充電して寝る事で100%充電されてもなお充電し続ける事でバッテリーは劣化します。ただ最近の充電管理用のICは優秀で過充電にならない様に制御していますが、その影響は全くゼロではありませんので、できれば寝る前に100%程度まで充電してから寝るのがベストです。

と言う様に、スマートフォンのバッテリーを長持ちさせる為には気を付ける事がたくさんあり、それを自動でやってくれるバッテリー内蔵iPhoneケース「iPack」をご紹介致します。


“バッテリーをいかに長持ちさせるかを考えた4,000mAhバッテリー内蔵iPhoneケース「iPack」” の続きを読む

超薄型・超軽量なiPhone 7/7Plus用バッテリー(2900mAh/3600mAh)内蔵ケース「ThinCharge」

 iPhoneってバッテリーも持ちが良くなっていると言われている割にはすぐにバッテリーが減って行くと思っている方は多いのではないでしょうか?朝出かける前に100%にしておいたのにお昼になった頃には60%や50%になっていると言う方も中にはおられます。もちろんバッテリーは半永久的には使えるものではありませんし、Appleの公式なプレスリリースではiPhoneのバッテリー寿命は3年と言っていますが、一般的なリチウムイオンバッテリーの場合、400~500回も充電すれば100%充電できなくなりそれ以降はだんだんとバッテリーの充電容量は減って行きます(充電回数は充電ケーブルを挿して充電した回数ではなく、例えば2000mAhのバッテリーであれば電力を2000mAh使用した時点で1回とカウントします)。そしてそれよりも重要なのがiPhoneを使用している環境です。一般的にバッテリーの使用環境は周囲温度が0~35℃で使用する事を前提にしていますから、0℃以下や35℃以上の環境下で使用するとバッテリーは劣化して使用回数が来る前にバッテリー容量は減って行きますので、この夏、ポケモンGOをやっていて”高温注意”の警告がモニターに出たり、iPhoneが熱くなり過ぎて持っていると火傷しそうになる様な経験をした方のiPhoneのバッテリー容量は確実に減っています。
 ですが一度劣化したバッテリーは元には戻りませんし戻すには高いお金を出してバッテリーを交換してもらわなければなりませんから、それなら価格も安くなったモバイルバッテリーを持ち歩いた方が安上がりなのですが、紐付きで常にiPhoneを使うのもケーブルが邪魔な事も多いですし、紐付きのまま耳にiPhoneを当てて通話するのも格好悪いですので、そう言う時に便利なのがバッテリーが内蔵されたiPhoneケースです。


“超薄型・超軽量なiPhone 7/7Plus用バッテリー(2900mAh/3600mAh)内蔵ケース「ThinCharge」” の続きを読む