出張の多いサラリーマン達の方へ!!寝起き一発で即移動可能なキャリーケース「Carry-On Closet 2.0」

世の中には月曜日に家を出たら金曜日まで自宅に戻れない様なサラリーマンの方やクリエイターの方、ディレクターの方はたくさんおられます。
そう言う方達の一番の悩みと言いますか面倒なのはパッキングです。
流石に長年、1日滞在したらまた移動して毎晩違うホテルに宿泊しているとさすがに要領もパッキングも上手になりますが、それでも身支度を整えてパッキンまで済ませるのに脱いだものを綺麗に畳んでバッグに入れ、アメニティー等を最後に入れるまで数分から十数分はかかります。

そこで今回はそう言う忙しい方の為のキャリーケース「Carry-On Closet 2.0」をご紹介致します。


“出張の多いサラリーマン達の方へ!!寝起き一発で即移動可能なキャリーケース「Carry-On Closet 2.0」” の続きを読む

空気を抜かなくても簡単に圧縮パッキング可能なトラベル圧縮バッグ「Acteon Packing Cubes」

 旅行の時に衣類をコンパクトにまとめてバッグの中を有効活用できる衣類を圧縮することのできるバッグがありますが、これって一見便利な様に見えて不便ではありませんか?
と言いますのも圧縮袋の原型は真空パックで、衣類などは繊維と繊維の間に空間がありますから空気を抜く事でその空間を縮める事で衣類が小さく縮みコンパクトに収納できるわけですが、この空気を抜くと言う作業が家庭なら掃除機のホースを圧縮袋の空気抜きの穴に当てて空気を抜いてやれば一瞬で抜けてコンパクトに圧縮されてしまいますが、これが旅先で掃除機がなければ電池や充電式のバッテリーで動くバキューム(空気を吸い出す機械)を持っていなければ空気を抜く事ができません。ただ圧縮袋の中には圧縮袋を丸めて折りたたんで行く事で空気を追い出して圧縮をかける様なものもありますが、袋から何かを取り出す度に再び圧縮をかけなければならず非常に面倒なのですが、この「Acteon Packing Cubes」ならその空気を追い出して圧縮をかけると言う作業が必要ありませんので、時間をかけずしかも道具も使わずに圧縮する事が可能です。


“空気を抜かなくても簡単に圧縮パッキング可能なトラベル圧縮バッグ「Acteon Packing Cubes」” の続きを読む