エネループやエボルタの倍のスペックを持つ単3リチウムイオン充電池「Tenavolts」

充電池の良い所は何と言っても繰り返し使え地球環境に優しい事と、電池が使えなくなり電池の買い置きがなくても充電すれば再び使えるますので、この寒空の中、わざわざ買いに行く手間も省けます。

そんな充電池の中で一番メジャーなのが今は無き三洋電機が世に送り出したエネループと、Panasonicが作ったエボルタです。
三洋電機はPanasonicに吸収合併されましたがエネループは引き続き売られています。

そんなエネループとエボルタですが、ニッケル水素電池な為に出力電圧が1.2〜1.3Vと乾電池の1.5Vよりも低く、例えば乾電池を4本直列にセットして使う電子機器ですと1.5V×4-1.2V×4=1.2Vと言う風に、本来6V必要な機器なのに4.8Vしか出力がなく充電池はフル充電状態なのにも関わらずバッテリー切れと判断されて電源さえ入らないと言う機器もあり、万能に何にでも使えると言う訳ではありません。

ですが今回紹介するリチウムイオン充電池「Tenavolts」ではバッテリー容量がほぼゼロに近くなるまで1.5V出力を保ちますので、ほぼ全ての電池を使う機器に使用する事ができます。


“エネループやエボルタの倍のスペックを持つ単3リチウムイオン充電池「Tenavolts」” の続きを読む

アルカリ乾電池しか使えないモノでも充電式電池を使える様にするフルサイズ揃った充電池アダプター「Batteroo」

 エコで環境にもお財布にも優しいからと充電式のニッケル水素電池を使用されている方、フル充電にして入れたのにも関わらずすぐに電池切れのサインが出て使えないって言うものに出くわした事ってありませんか?
 例えば身の回りで電池を使うものとしてリモコンやLEDを使った懐中電灯の様なものはどのメーカーのものであっても充電式電池が普通に使えますが、子どものおもちゃであったり、電子辞書であったり、注意書きに”アルカリ乾電池をご使用下さい”なんて文言が入っている様な電子機器はたいてい充電式の電池を入れるとすぐにバッテリー切れのサインを出して使えないか、フル充電にして入れているのにも関わらずすぐにバッテリー切れを起こして動かなくなってしまいます。

 これはそもそも電池の出力電圧の違いによります。乾電池は皆さんご存知の様に公称出力電圧は1.5Vで使い続けて容量が減ると電圧は徐々に下がって行きますが、充電池として現在主流のニッケル水素電池はと言いますと公称出力電圧は1.2vで(購入後間もない時期でフル充電直後は1.4V程度の出力電圧がある製品もあります)、この時点で0.3Vもの差があり、これが2本直列ですと乾電池は3V、充電池は2.4V、4本直列になると乾電池の出力電圧は6Vですが充電池は4.8Vと何と1.2Vもの差があり、この電圧ではスマートフォンすら充電できません。

 ですがこの「Batteroo」を使えば充電池であっても普通に乾電池と同じ様に使用する事ができますので、もう充電式電池を入れてもすぐにバッテリー切れの表示が出る事はありません。


“アルカリ乾電池しか使えないモノでも充電式電池を使える様にするフルサイズ揃った充電池アダプター「Batteroo」” の続きを読む