市販の缶や瓶ビールをより美味しくする為に、きめ細かな泡を作る家庭用ビールサーバ「Fizzics」

ビールはグラスに注ぐ時に泡を3、ビールを7の割合で注ぐのが一番美味しいと言われていますが、これは何故だかご存じですか?
一見無駄に見える泡も実はビールの美味しさを保つ為には重要な役割を果たしています。

まずその1つがビールには炭酸が含まれています。この炭酸が抜けた状態のビールを飲んだ時に、美味しいと感じるでしょうか?おそらく元のビールよりも苦いと感じるはずです。
と言いますのも炭酸は強い刺激感が得られるスッキリとしたドライな感じを受けると共に、ビールの苦味を泡へと運ぶ役目を果たし苦味を抑えている役割も果たしています。
ですから炭酸が過度に抜けない様に泡で蓋をして炭酸が抜けない様にまずはしています。

そして2つ目として酸化です。酸素と触れる事でビールは酸化し酸化臭がしたりエグ味が発生したりしますので、飲み終わるまで泡を残した方がビールは最後まで美味しく頂けると言うわけで、その泡の残る最低ラインがビール7に対して泡3なのです。

ただそうは言っても泡の粒が大きければすぐに泡は消えてしまいます。ですからきめ細やかなクリーミーな泡を作る事が重要で、今回紹介するビールサーバーは「Fizzics」そう言うきめ細かい泡を作り出す事ができます。


“市販の缶や瓶ビールをより美味しくする為に、きめ細かな泡を作る家庭用ビールサーバ「Fizzics」” の続きを読む