磁気ホイール素子を使う事で反応速度が劇的に向上した次世代型ゲーミング・アナログキーボード「Keystone」

FPSゲーム等でやはり勝利を手にするにはそれなりのスペックを持ったハード(ゲーミングPC)も必要ですし、ゲーミングキーボードやゲーミングマウスと言ったコントーラーも非常に重要になって来ます。

その中でもゲーミングキーボードにはマクロと言って一連のキー操作を記録し、あるキーを押す事で記録したキー操作を再現すると言う機能があるのですが、例えばRPGゲームや格闘技ゲームで必殺技を出すのにキーを順番に押さなければならない様な時にワンキーで確実に必殺技を出す事ができますのでとても便利です。
またFPSゲームの様に移動を伴う様なゲームにはアナログキーボードがとても便利です。

アナログキーボードと言うのは普通のキーボードは押すか押さないかの判定しかないのに対して、どれくらいキーを押しているのかと言う押し込み量を数値化できるキーボードで、移動スピードをキーの押し込み量で加減できますのでFPSゲームの様に素早くダッシュして移動して止まる。ゆっくりと匍匐前進して敵に見つからない様に移動すると言う様な時にとても重要な役割を果たします。

そんなアナログキーボードにあって初めて磁気ホイール素子を使ってキーの押し込み量を検出するキーをSilo Beam switchesを使ったキーボード「Keystone」をご紹介いたします。
“磁気ホイール素子を使う事で反応速度が劇的に向上した次世代型ゲーミング・アナログキーボード「Keystone」” の続きを読む