ホーム > タグ > 紫外線センサー

紫外線センサー

AIを使った画像解析で、詳細に紫外線の吸収量を計算してくれるお肌の強い味方!!UVセンサー「QSun」

人が骨を作る上で欠かせないビタミンDって一体何から摂取できるのか、みなさんはご存じですか?
ビタミンDは骨を作る上で欠かせない他、免疫作用を高めたり、様々な病気予防効果がある事が近年分かって来ているのですが、その摂取量は成人1日あたり5.5 μgと言われています。
これを食物が摂取する場合、魚類にはたくさんのビタミンDが含まれていますので毎日、サバや鮭やイワシやアジと言った大衆魚を100g程度を目安に摂取していればビタミンDが不足する事はないのですが、それよりも簡単にお金をかけずにビタミンDを摂取する方法があります。

それは何かと言いますと日光浴です。人間は太陽から放出される紫外線を浴びると皮膚で吸収してビタミンDを生成します。そして必要量である5.5μgを作るのに、顔と手の甲だけが露出された状態で紫外線の弱い太陽の出ている12月の正午で見積もると、沖縄の那覇ではたった14分で良いのに対して、札幌では何と139分も太陽に当たっていないと必要量が産生できません。

となると夏場は沖縄では1〜2分外に出るだけで良く、札幌でも1時間も外にいなくても必要量のビタミンDがゼロ円で産生できるのですが、紫外線はご存じの様に肌にシミを作ったり、更に浴び続けると皮膚ガンをもたらしたりもする厄介なヤツです。

その紫外線の照射を監視して必要なビタミンDの産生を確保しつつ皮膚疾患を避ける為に指導してくれるAI搭載の紫外線センサー「QSun」を今回はご紹介致します。

全文を読む

Home > タグ > 紫外線センサー

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。