バッテリーをいかに長持ちさせるかを考えた4,000mAhバッテリー内蔵iPhoneケース「iPack」

みなさんのバッテリー残量は100%ありますか?
もし新しく買い換えたばかりのiPhoneのバッテリーが1ヶ月も経過していないのにバッテリー情報を見ると既に100%ではなくなっていたり、半年で既に95%近くにまで減少している様でしたら、それは充電の仕方が間違っているかもしれませんよ。

まず充電で一番やってはいけないのが充電しながらiPhoneを使用する事です。その理由はまず充電する事でバッテリーは発熱します。そしてゲームなどのiPhoneに過度の負荷を与えるアプリを使う事で更にCPU等々が大量に電力を消費して発熱しスマートフォンの内部温度を上げるのですが、その温度が一般的に45℃を超えたあたりからバッテリーの劣化は進むからです。
そしてもう1つが過充電です。これは寝る前にiPhoneを充電して寝る事で100%充電されてもなお充電し続ける事でバッテリーは劣化します。ただ最近の充電管理用のICは優秀で過充電にならない様に制御していますが、その影響は全くゼロではありませんので、できれば寝る前に100%程度まで充電してから寝るのがベストです。

と言う様に、スマートフォンのバッテリーを長持ちさせる為には気を付ける事がたくさんあり、それを自動でやってくれるバッテリー内蔵iPhoneケース「iPack」をご紹介致します。


“バッテリーをいかに長持ちさせるかを考えた4,000mAhバッテリー内蔵iPhoneケース「iPack」” の続きを読む