光触媒フィルターでPM2.5から細菌、ウィルスまで除去・無害化してくれるフィルター交換不要の空気清浄機「BRID」

 みなさんが日常的に使っている空気清浄機ですが、大抵最近のファン集塵方式と呼ばれる空気清浄機の中のファンによって空気を吸い込んでフィルターで空気を漉すタイプの空気清浄機には”HEPAフィルター”と言う花粉やそれ以下の粒子のPM2.5までもが除去できる高性能なフィルターが入っていますが、実はこいつが意外にも曲者だってご存知でしたか?
 よく”フィルター交換10年不要!!”なんてキャッチコピーが書かれた空気清浄機を多く見かけますが、この交換10年って実は”日本電機工業会のJEM1467規格”と言う規格があり、この規格ではフィルタの耐用年数は「一日にタバコ5本分の煙のみを処理した場合」と言う実に現実とはかなりかけ離れた条件で算出しているのです。ですから欧米などではHEPAフィルターは最大でも2年で交換する事を薦めています。
 そしてこのHEPAフィルター、みなさんもご存知の通り、水洗いもできませんし、更にはPM2.5と言う粒径2.5μmと言う極小の粒子までをもキャッチできるフィルターですからフィルターの繊維に絡みついた様々なゴミが掃除機の吸引力程度で剥がれて吸われるなんて事はありませんので吸っても意味はありませんから、HEPAフィルターで最大の能力を発揮するのであればフィルターを毎年ないし2年に一度は交換するのが本当はベストなのです。

 ところで今回紹介する空気清浄機「BRID」はHEPAフィルター並みの空気清浄能力を持ちつつ、水洗いだけ元の空気清浄能力を取り戻す事ができ、フィルター交換不要の空気清浄機なのですが貴方なら使ってみたいですか?


“光触媒フィルターでPM2.5から細菌、ウィルスまで除去・無害化してくれるフィルター交換不要の空気清浄機「BRID」” の続きを読む

目に見えないPM2.5や花粉を可視化するモトローラ”Moto Z”用気象観測アクセサリ「Inhale」

 杉やヒノキの花粉症の方はこれから数ヶ月間は花粉によるアレルギー症状と戦わなければいけない辛い季節がやって来ましたが、いくらマスクや花粉用のメガネを装着したとしても空気中に飛んでいるものは飛んでいますから、それが衣服についてマスクやメガネを外した途端に眼や鼻や口の中に入るとせっかくのガードも台無しです。
 ただその花粉も飛散予測や実際の観測状況をネットやスマートフォンのアプリケーションで確認したとしても、それは観測機器のある場所での計測結果であって、今自分がいる場所の実際の状況ではありませんから、こればかりは何ともわかりませんし、今日は花粉の飛散予測も少ないし、実際の観測状況も少ないから大丈夫!!と思っていたら実際には自分がいた場所では風に乗って大量の花粉が飛散して来ていて自分の衣類に大量に付着しているのを知らずに、花粉を払わずに部屋へ入ってマスクを取ったら鼻水とクシャミが止まらない….と言う経験を花粉症の症状のきつい方は今までにも何度も経験されています。

 ではどうすれば花粉対策ができるのか?それはもう自分自身で花粉を観測するしかありませんし、その観測が簡単にできるのがこの「Inhale」です。


“目に見えないPM2.5や花粉を可視化するモトローラ”Moto Z”用気象観測アクセサリ「Inhale」” の続きを読む