短時間・最小ステップで誤差1mm、最大50mまで精度の高い計測ができるレーザーメジャー「PARA」

みなさんは模様替え等を行う時に、キッチリと何度もメジャーを使って部屋の大きさ、実際に家具を入れる場所の広さを測って買いに行ったのにも関わらず、数mmの差でその場所に収まらなかったと言う経験はありませんか?
それは1つはメジャーの精度もあるかと思いますが、もう1つの原因としてメジャーの使い方にもよります。

例えばテープメジャーを使って部屋の幅を測る場合、メジャーの端を壁に押し当てもう片方を壁に当てる時は90°メジャーを折り曲げ壁に沿って立てて目盛を読みまが、その時にどうしても端で折れ曲がっており壁に密着していないので、そう言う計測の仕方に慣れていないと目盛を読む位置によって2〜3mmの誤差が生まれます。
また、部屋の中央で部屋の幅を計測している様な場合、メジャーを当てた位置がお互い垂直ではなくズレていたら必然的に距離は伸びますし、メジャーを押しつけるその強さによってもメジャーがたわんで実際の距離よりも目盛は長く出てしまいます。

と言う様にたかが距離を計測するだけなのですがミリ単位で正確に計測しようとするとそれなりのコツとテクニックが必要なのです。

そこで今回はそんなコツもテクニックも不要で、女性でも簡単に使えるレーザーメジャー「PARA」をご紹介致します。


“短時間・最小ステップで誤差1mm、最大50mまで精度の高い計測ができるレーザーメジャー「PARA」” の続きを読む

Bluetooth4.2なのに50mもの飛距離が!!あらゆるソース音源を電波で飛ばすaptX対応トランスミッター「WAND」

みなさんは家事をする時に音楽を聴きながらする事ってありますか?
そう言う時、有線のケーブルのあるイヤホンを使って掃除機などかけていたりすると、結構ドアノブ等で引っ掛けてしまったりして面倒だったり、お風呂場なども引っ掛ける所がたくさんありますので、そう言う場所で防水でないイヤホンを落として石鹸まみれにすると後が厄介だったりします。
それにポケットにスマートフォンや音楽プレイヤーを入れて置くって言うのも、立ったり座ったりと言う動作が多い掃除や片付けの時等は邪魔になる事もしばしばです。

ですから、そう言う時に引っ掛けたりする事なく、身体を自由に動かせるBluetoothイヤホン等が便利なのですが、今のiPhone8/8 Plus/XはBluetooth5に対応していますのでBluetooth5に対応したイヤホンを使えば、リビングにiPhoneを置いた状態でBluetoothイヤホンをしたまま物干しに洗濯物を干しに行ったりしても、今までの様に音楽がブツブツと切れたり、全く聞こえなくなったり、音が変調したりすると言う事がないので快適にストレスなく使えます。

ただまだまだそれ以前のiPhoneやBluetooth4.x規格の通信チップを積んだスマートフォンやオーディオプレイヤーを使っている方の方が遙かに多く、Bluetoothイヤホンも圧倒的に多いのはBluetooth4.xに対応したものです。

そこで、ちょっとした投資で音質を劇的に変える事ができるBluetoothトランスミッター「WAND」を今回はご紹介致します。


“Bluetooth4.2なのに50mもの飛距離が!!あらゆるソース音源を電波で飛ばすaptX対応トランスミッター「WAND」” の続きを読む