Home > アーカイブ > 2018-04-19

2018-04-19

湯煎調理の時短と節電を一度にやってのける湯煎調理器専用鍋「Sous Vide Pot」

みなさんは”湯煎料理”と言う調理法がご存じでしょうか?
最近は家電量販店に専門コーナーができるなど、日本でも少しずつ認知度が上がって来ている調理法で、真空パックされた食材をお湯の中につけて加熱調理する調理法です。
この”湯煎料理”のメリットはまず、材料をジップロックの様なビニール袋に入れてお湯につけておけば出来上がりますので調理に手間が殆どかからないのと、低温で加熱調理する事により食材から水分の流出を抑える事ができる事から、特にお肉は生肉の柔らかさを保ちつつ調理する事ができ、特にローストビーフ等は安い肩ロース肉を使った場合でもオーブンで焼くよりもジューシーにかつ柔らかく仕上げる事ができます。

また湯煎料理も煮物も得意で、家庭料理の定番である”肉じゃが”なども火を入れすぎると薄切り肉が硬くパサパサになってしまう上にジャガイモもボロボロと崩れてしまいますが、湯煎からジャガイモが崩れる事もお肉が硬くなるなる様な事もありません。

そんな湯煎料理に使えるエコな専用鍋「Sous Vide Pot」を今回はご紹介致します。

全文を読む

たてがみを揺らしながら歩く姿が本物の馬そっくりに見える!!動くウッドクラフト「Horse-Mechanoid」

みなさんは江戸時代に流行った”からくり人形”や戦前や戦後に日本で作られたゼンマイ模型って一体どうやって動いているんだ?と思われた事ってありませんか?
今であればCADソフトで描いた図面から3Dモデルを起こしてシュミレーションさせうだけで実際にどの様にリンクして動くのかと言う事が、実際に作ってみなくても分かりますが、江戸時代にはそんな便利なものはなく複雑な絵や文字を描くからくり人形など興味をそそられるモノがたくさんありますし、戦前や戦後に作られたゼンマイ模型でもたった1つのゼンマイでこの動きを実現できるの?モーターが入っているんじゃない?と疑いたくなる様な複雑な動きをするゼンマイ模型があり、それを設計した設計士さんに感服させられます。

そんなゼンマイを使い実際にゼンマイを巻くとリアルな馬と同じ歩き方で歩く馬のウッドクラフト「Horse-Mechanoid」を今回はご紹介致します。

全文を読む

Home > アーカイブ > 2018-04-19

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。