iPhone XのFaceIDと同じ機能で顔の表情を監視して居眠りやよそ見運転を防止する「Ridy」

みなさんはこのポカポカ陽気の中を運転していてついつい居眠りとはいかないまでも、眠気に襲われてしまい眠りそうになった事ってありませんか?
特に道路が渋滞していて進まない様な時や、交通量の少ない単調な延々と続く直線道路を走る様な時、長い信号待ちをしている様な時についつい欠伸をしたり、一瞬意識を失う様な時って誰にでもあると思います。

そんな時に役立つのが居眠り防止グッズで、よくあるのが耳に引っ掛けるタイプのイヤホンの様な形状をしたものです。ですがこのタイプのものは加速度センサー等を使ったものが殆どで、完全に睡魔に負けてしまい頭がカクンと落ちてからでないとブザーを鳴らしたりバイブレーションモーターを震動させたりして起こしませんので、眠りの浅い人には有効でも寝付きの良い方ですぐに熟睡できてしまう様な方には有効かと言いますと疑問点が残ります。

ですが今回紹介します「Ridy」はiPhone Xにも搭載されているFaceID(顔認証技術)を使い、眠くなる前に注意喚起してくれます。


“iPhone XのFaceIDと同じ機能で顔の表情を監視して居眠りやよそ見運転を防止する「Ridy」” の続きを読む

ユーチューバー必見!!iPhoneだけでビデオカメラやデジタル一眼レフの映像を加工する事ができる「GNARBOX 2.0 SSD」

ユーチューバを目指す時、まず最初に直面する課題は何かと言いますと、撮影に使用する機材です。
フォロワーを増やし、そして試聴回数を増やすとするなら、スマートフォンで撮影した映像をそのまま無加工でアップロードするよりも、不要な映像の部分をカットし、テロップやバックミュージックを加え、欲を言えばエフェクトをかけたりなんかするとグッと見栄えが良くなりますが、それには映像を編集する為の編集機器が必要で、MacBook ProやiMac、Windowsマシンと言ったパソコンが必須になります。

ですが、スマートフォンのみで撮影し、昔からあるプロも使っている映像編集用のアプリケーションの中にはスマートフォン用のアプリケーションもありますのでそれらアプリケーションを使いスマートフォンのみで編集まで行いアップロードする事は可能です。
ところが、ご存じの様にスマートフォンのカメラと言うのは光学ズームがなかったり、手振れ補正がなかったり、本格的な映像作りをするならばビデオカメラやアクションカメラと言った撮影専用の機材で撮影した方が何かと楽です。

でもその複数のカメラで撮影した映像をスマートフォンに取り込んで編集すると言うのは、スマートフォンのスペックやメモリーの量を考えるとかなりきついものがあり非現実的とも言えます。

そこで、そう言うスマートフォンには重荷になる作業を全て引き受ける事でスマートフォンでも複数のカメラから取り込んだ映像を編集できる様にした「GNARBOX 2.0 SSD」を今回はご紹介致します。


“ユーチューバー必見!!iPhoneだけでビデオカメラやデジタル一眼レフの映像を加工する事ができる「GNARBOX 2.0 SSD」” の続きを読む