Home > アーカイブ > 2018-05-17

2018-05-17

これなら恐くない!!スケードボード初心者が最初に買うべきスケートボード「Switch」

スケートボードが時期2020年の東京オリンピックの正式種目に採用された事で、スケボーならボクでも、私でも練習すればオリンピックに出られるのでは?と内心思っておられる方は多いのではないでしょうか?
ただこのスケボー、ただの板に車輪がついたものだとバカにしていたら必ず痛い目に合う、意外とシビアなバランス間隔が要求される乗り物なのです。
自転車もそうですが、一輪車もローラースケートも、今回取り上げるスケボーもその人の持っている感覚がその乗り物とシンクロしてバランスを取る様になれないと乗りこなす所までは行きません。

スケボーの練習過程は大まかに解説すると最初はボードに乗って誰かに手を貸してもらって真っ直ぐに進む所から始めたり、壁を使って伝え歩きで進んだりしながらちょっとずと手を離してボード上でふらつかず静止できるバランス間隔を身に着けたら次は止まる練習です。
スケボーにはブレーキはありませんので、スケボーで止まる場合はフロントサイドパワースライドと言って進行方向に対してボードを急速に90度回転させて止めるのが一般的です。
ですが最初からそんな止まり方はできるはずもなく、最初は飛び降りるか、片足を地面に擦りつけて靴底の摩擦で止めろと教えられるのですが、どちらもちょっとバランスを崩すと倒れて怪我の元となりますが、それを乗り越えないと上達はしません。

そこで今回はスケボー初心者が一人でも段階を踏んで練習できるまさに入門機としてベストなボード「Switch」をご紹介致します。

全文を読む

身に着けておくだけで気になった時だけ補助してくれる姿勢矯正ベルト「Adrenalease」

あなたは日常生活において姿勢が気になる事はありますか?
俗に言う”猫背”と呼ばれている背中が丸くなっている状態ですが、背筋の筋肉が疲労していてを胸を開いて伸ばしているのが辛いとついつい無意識のウチに猫背になって行きます。
ですから世の中には姿勢矯正グッズが山ほどあり、骨盤の位置や向きを正しい位置へ強制的に持って行く事で背筋を伸ばした状態に保つ椅子や座布団の様なや、今回紹介します「Adrenalease」と同じ様に背後から羽交い締めの様にして両肩を後方へ引っ張る事で胸を開いて背筋を伸ばす様なものまで様々なものがあります。
ただ、そこに置いてあって気が向いた時に使う様なガジェットは本当に姿勢を矯正したい時だけ矯正できるので良いのですが、身に着けるタイプのものは着脱しなければならないので、ちょっと人前で着脱するのは恥ずかしいものがありますし、また面倒さを感じます。
だからと言って姿勢矯正ベルトの様なものを常に身に着けていると圧迫感が常にあり、人によっては息苦しさを感じられる方もおられるでしょう。

ですが今回紹介する「Adrenalease」は姿勢を矯正したい時にだけ矯正する事ができますので、常に身に着けていても圧迫感を覚える様な事がない姿勢矯正ベルトになります。

全文を読む

Home > アーカイブ > 2018-05-17

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。