4096段階の感圧機能も搭載した、文字やイラスト何でも保存可能な電子ペーパーメモパット「MobiScribe」

スマートフォンで何でもできる時代であるのにも関わらず、紙のメモを模した電子メモと言うものが存在します。
メモなんてスマホのカメラで撮影するかメモ帳機能を使った便利じゃないと言う方もおられますが、スマホは持っているけれどもメモはメモで紙に書くと言う事が圧倒的な楽と言う方もおられます。

そこでそう言う、メモはメモ用紙派の方に今回は「MobiScribe」と言う電子メモをご紹介します。


“4096段階の感圧機能も搭載した、文字やイラスト何でも保存可能な電子ペーパーメモパット「MobiScribe」” の続きを読む

あなたの今日から照明デザイナー!!描く事で自由にデザインできるLED照明「LIT LAMP」

何でも自宅で必要なものや、変えたい所はDIYで自作してしまうと言う方が最近、照明だけはDIYで作る事が難しくなって来ています。
と言いますのもナイトスタンドなら昔は木の棒の先に電球ソケットを固定し電球をはめ、電球を挟む様に固定する傘を自作すれば立派なナイトスタンドが作れましたし、シーリングライト(天井照明)も電球の入るステンドグラス照明を作り、幻想的な光の演出をする照明を作ったりする事もできましたが、電球はLEDに取って代わられ、蛍光灯もLED化が随分進んだ今、照明を自作する時には放熱を考えなくてはいけなくなりました。
電球や蛍光灯は手で触ると火傷をするくらい熱く発熱しても照明の寿命そのものには影響がなかったのですが、LEDは発光素材そのものが熱に弱く、高音に曝され続ける事で発光素子は劣化して寿命をどんどんと短くして行きます。
ですから普通なら何千時間も点灯するはずのLED照明でも、密閉されたり、LED電球の周りを囲われてしまう様な照明器具に使った場合、もう切れてしまうの!!と思わず驚かずにはいられないくらい短期間で点灯しなくなってしまいますので、放熱設計が必要になります。

そこで今回は自由にデザインする事ができるのにも関わらず放熱設計等も不要なLED照明「LIT LAMP」をご紹介致します。

“あなたの今日から照明デザイナー!!描く事で自由にデザインできるLED照明「LIT LAMP」” の続きを読む