マリンシューズには絶対に見えない、スニーカーとしてもオールシーズン履く事ができる「Tropicfeel Canyon」

普通のスニーカーで水の中に入るとスニーカーの中がグチョグチョに濡れたままなかなか乾かなくて嫌な思いをしますが、マリンシューズ、ウォーターシューズは元々水の中に入る事を前提に作られていますので、濡れても非常に早く乾燥し、夏に海や川へ遊びに行く時には非常に重宝するのですが、1つ難点があります。
それは靴底がビーチサンダルの様に薄く、そのままアスファルトやコンクリートの道路の上を歩くと足裏が痛くなるだけでなく、昨年の夏の様に気温が40℃を超えてしまうとマリンシューズの靴底を通しても足裏が火傷しそうになる様な事がある事です。

それにどのメーカーのマリンシューズも、マリンシューズを使っている方が見るとマリンシューズを履いているのが丸わかりなので、そのままマリンシューズを履いたまま自宅に帰ると言うのも恥ずかしいものがあります。
そこで今回は、100%紐靴、スニーカーにしか見えない「Tropicfeel Canyon」をご紹介致します。
“マリンシューズには絶対に見えない、スニーカーとしてもオールシーズン履く事ができる「Tropicfeel Canyon」” の続きを読む

水の中に入った後でも、歩いているウチに靴底まで爽快に乾く速乾・軽量トラベルスニーカー「Tropic」

これから暑くなると水辺で遊ぶ機会も増えますが、ウォーターシューズと言えども濡れた後のあのグチャグチャ感って何とも気持ち悪いですよね。
普通のスニーカーから比べると乾きは良いのですが、靴の表面は乾いても底はなかなか乾きませんし、生乾きのまま履いていると足の皮がふやけてシワシワになり、そして細菌が繁殖して臭いの元ともなり嫌です。

とは言っても、乾いていない靴を乾くまで待つには時間もかかり、その間は焼けたアスファルトや砂浜、砂利の上を歩くのは危険です。

ですが今回紹介します速乾性スニーカー「Tropic」であれば靴を履いたままでもソールまで綺麗に速乾で乾いてくれますので、足が臭くなったりふやけたりと言う事がなくなるのです。


“水の中に入った後でも、歩いているウチに靴底まで爽快に乾く速乾・軽量トラベルスニーカー「Tropic」” の続きを読む