ワインを飲むのなら、1度は使って欲し!!飲み頃温度をキープしつつ味をまろやかにさせるワインボトル「CARIVINO」

よく赤ワインは常温、白ワインは冷やしてと言う事がよく言われますが、この赤ワインの常温と言うのは実は何度でも良い訳ではありません。
赤ワインの飲み頃温度と言うのは20℃以下で、実際に酒店にワインを買いに行くと高価な赤ワインは温度管理されたワインセラーに保管されていたりする事からも分かる通り、決して室温25度や屋外で30度も気温がある場所でそのまま放置して良いものではないのです。

そこで、今回は冷蔵庫で適温に冷やしたワインを注ぎ、飲み頃温度をキープしたままBBQ等に持って行く事のできるワインボトル「CARIVINO」をご紹介致します。
“ワインを飲むのなら、1度は使って欲し!!飲み頃温度をキープしつつ味をまろやかにさせるワインボトル「CARIVINO」” の続きを読む

安い赤ワインを劇的に美味しく変化させ、ビンテージワインも使えるワインエアレーター「Aervana Select 」

みなさんはスーパーで売っている紙パックに入った赤ワインでも、1本ン万円の赤ワインに劇的に変化させる事ができるワインエアレーターの事はご存じでしょうか?
誰もが角が立ち口当たりがトゲトゲしく、しかも薄かったり渋かったりする赤ワインの味が変わるわけがないと思い込んでいるのですが、ワインエアレーターを使ってワインに酸素を含ませる事で本当に角が取れ、香りや味も芳醇になるのです。

その原理は酸化です。ワインは樽の中に詰めてまず熟成されますが、この時の熟成を酸化的熟成とも呼び、適度な酸化によって味がまろやかになり、香りが立ち、そして色素も安定します。

つまり、若い赤ワインに対してエアレーションを行い空気に触れさせる事でワインは急速に酸化され一気に熟成し味を変化させる事ができ、それを電動で行うワインエアレーター「Aervana Select 」を今回はご紹介致します。


“安い赤ワインを劇的に美味しく変化させ、ビンテージワインも使えるワインエアレーター「Aervana Select 」” の続きを読む