Home > Kicstarter | Newガジェット | 生活 | クッキング > 安い赤ワインを劇的に美味しく変化させ、ビンテージワインも使えるワインエアレーター「Aervana Select 」

安い赤ワインを劇的に美味しく変化させ、ビンテージワインも使えるワインエアレーター「Aervana Select 」

みなさんはスーパーで売っている紙パックに入った赤ワインでも、1本ン万円の赤ワインに劇的に変化させる事ができるワインエアレーターの事はご存じでしょうか?
誰もが角が立ち口当たりがトゲトゲしく、しかも薄かったり渋かったりする赤ワインの味が変わるわけがないと思い込んでいるのですが、ワインエアレーターを使ってワインに酸素を含ませる事で本当に角が取れ、香りや味も芳醇になるのです。

その原理は酸化です。ワインは樽の中に詰めてまず熟成されますが、この時の熟成を酸化的熟成とも呼び、適度な酸化によって味がまろやかになり、香りが立ち、そして色素も安定します。

つまり、若い赤ワインに対してエアレーションを行い空気に触れさせる事でワインは急速に酸化され一気に熟成し味を変化させる事ができ、それを電動で行うワインエアレーター「Aervana Select 」を今回はご紹介致します。


この「Aervana Select 」の良い所は難しいテクニックは不要で、ボタンを押すだけでボトルからワインを吸い上げ、そしてエアレーションを行ってグラスに注いでくれると言う所です。
これが昔からある数あるエアレーションの器具ですと、ワインを注ぐスピードや時間等によってもエアレーションの差が出て来て、同じ樽からボトリングされたワインであっても同じ味にエアレーションを行うのは難しいのですが、この「Aervana Select 」は電動ですからそう言う味の差は一切ありません。

しかも同ジャンルの他の電動のワインエアレーターにはない機能がこの「Aervana Select 」にはあり、それがこの「Aervana Select 」をオススメする最大の理由でもあります。

その機能とはエアレーション時間を変更できるダイヤルがついている事です。
通常エアレーションは30分前後と言われており、電動のワインエアレーターもボタン1つで直ぐにワインを注ぐのですが、30分前後エアレーションを行ったのと同じ様な効果が出る様にエアレーターを設計するのですが、若いワインと言ってもボジョレー・ヌーボーの作った年に飲むワインから翌年、2〜3年、5年と経ってまだ角の取れていないワインまで同じ様にエアレーションを行うとエアレーションのし過ぎでせっかのワインを台無しにしてしまう事も考えれます。

ところがこの「Aervana Select 」はダイヤルの角度=1分計算で、全くエアレーションをしない0分から120分まで変える事ができるで、同じワインを何本か買ってベストタイムを見つければ安い1000円以下のワインであっても、いつも高級ワインに負けない芳醇さを味わう事ができるのです。

また熟成されたビンテージワインに対してエアレーションを行うのは御法度ですが、この「Aervana Select 」はエアレーションを行わずに電動ディスペンサーとして使えると言うメリットもあります。

その他にもこの「Aervana Select 」にはボトルの中に残った最後の1滴まで美味しくワインを頂ける様に、ノズルが伸縮する様にできており、MAX伸ばして瓶の中に入れれば、瓶の高さに合わせて底にノズルがついたままノズルは縮みますので底に残った1滴まで吸い上げる事ができる上にハーフボトルでも使えるのがまた魅力ですので、詳細につきましては下記URLにてご覧下さい。

https://www.kickstarter.com/projects/aervanaselect/the-all-new-aervana-select-wine-aeration-redefined

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
https://meiya.jp/wp-trackback.php?p=34325
Listed below are links to weblogs that reference
安い赤ワインを劇的に美味しく変化させ、ビンテージワインも使えるワインエアレーター「Aervana Select 」 from KURA BASE

Home > Kicstarter | Newガジェット | 生活 | クッキング > 安い赤ワインを劇的に美味しく変化させ、ビンテージワインも使えるワインエアレーター「Aervana Select 」

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。