市販されている99%のカーテンレール全てで利用可能なカーテンの開閉を自動化するカーテンボット「SwitchBot Curtain」

IT化の波は私達の日常生活をとても快適にしてくれており、テレビもエアコンも照明もお風呂も家の玄関の鍵もスマートフォンからアプリを使って簡単に操作できる様になっており、出かけてから照明を消し忘れたのに気付いたとしても、玄関の鍵をかけ忘れたとしても一度自宅に戻ると言う必要はなく、スマートフォンからワンタップで消灯・施錠ができてしまいます。

また帰宅する際には事前にエアコンをつけて部屋を快適な温度にしておく事ができる他、帰宅してすぐにお風呂に入りたい方も、スマートフォンから簡単に予約をする事ができたりと、本当に我々の生活はどんどんと便利になって行っています。

そしてカーテンやブライドと言った開け閉めがとても面倒なものまでも、ちょっとしたアダプターを取り付ける事で自動開閉化できる様になっており、今回はカーテンの開閉を自動化するボットの中でもレールの種類を選ばない「SwitchBot Curtain」をご紹介致します。

“市販されている99%のカーテンレール全てで利用可能なカーテンの開閉を自動化するカーテンボット「SwitchBot Curtain」” の続きを読む

工具を一切使わずに今ついているカーテンを電動化しスマホでコントロールできる様に改造する「Slide」

 寒くなって来るとどうしても朝が起き辛くなって来ますから、できれば温かい布団の中から出たくはないものですが、出かける時間は決まっていますから、起きなければならないものは起きなければいけませんし、もしウダウダと布団の中でしているとあっと言う間に時間が経ってしまい気が付いた時は会社や学校へ行く時間が近づいて来ていて朝食もロクに取らずに出かけてしまうと言うのが多いのがこの季節でもありますが、特に子どもは目覚ましをかけていようが呼びかけようが揺すろうが起きない子は絶対起きませんし、それが回りが暗いと尚更です。
 そこでなかなか起こしてもグズグズ言って起きない子をスッキリと目覚めさせる為に我が家が取った作戦は、まずカーテンを開けて(人間は太陽の光を浴びる事でメラトニンと言う睡眠誘導物質の分泌が抑制され、逆に脳を覚醒させるセロトニンと言うホルモンを分泌します)太陽の光を入れ、暫くしてから部屋の照明を点灯し、更にこの冬の時期は窓を全開にすると言う作戦を起床時間30分前から行うことで子ども起こす頃にはスッカリと目を覚ましている様でこの作戦を実行してからは冬場でもグズグズと言って起きる事はなくなりました。ですが朝の忙しい時間、何度も子ども部屋に行ってこの作戦を実行するのも大変ですしできればスマートフォンでポチッとすればカーテンが開いたり照明がON/OFFできたりする事ができれば窓を開けに行く手間だけになりますからとても助かるのですが、この「Slide」はそのウチのカーテンを開閉すると言うのをリモートで行う事ができるアダプターです。


“工具を一切使わずに今ついているカーテンを電動化しスマホでコントロールできる様に改造する「Slide」” の続きを読む