何時でも誰でも同じコーヒーの味を出す事が可能なコーヒードリッパー「Draw by drip server」

コーヒーをコーヒードリッパーを使って淹れる時の重要な要素は、挽いたコーヒー豆の量、挽き目(挽いたコーヒー豆の細かさ)、お湯の量、コーヒーを淹れる時間の4つで、これら要素のうちどれか1つでも違うと抽出されたコーヒーの味は変わって来ます。
それを知っている方は計量器で1g単位で豆の量や水の量を計り、時計やスマートフォンのタイマー機能を使って2分30秒かけてお湯をゆっくりと注いでドリップさせます。

と言いますのは豆の量やお湯の量も味を決める要素である事には間違いないのですが、それ以上にドリップする時間がとても大事なのです。

ペーパードリップの場合は標準的には2分30秒かけて一定量のお湯を注ぐのが、豆の種類によらず一番美味しく頂ける時間となっており、これが30秒早い2分になると水っぽくなるだけでなく、香り、酸味、苦味と言ったコーヒーを美味しく感じる要素のどれもが不足します。
一方30秒長く3分かけてドリップすると香りは更により濃く立ちますが、渋味や苦味も増すと言った様にたった30秒足らずでまるで違う豆を使って淹れた様な味へとコーヒーは変化します。
ですからコーヒーを淹れるにあたり時間は非常に重要で、今回は指示通り淹れれば誰でも一定の味の美味しいコーヒーを淹れる事が可能なコーヒードリッパー「Draw by drip server」をご紹介致します。


“何時でも誰でも同じコーヒーの味を出す事が可能なコーヒードリッパー「Draw by drip server」” の続きを読む

使える機能だけを厳選して搭載したキャリーオン・スーツケース「Ready」

 今回紹介するスーツケース「Ready」はスーツケースを使う上で便利でかつ使う頻度の多い機能のみを搭載した実用性重視のスーツケースです。例えば、GPSを搭載して位置を持ち主に常に通知してくれる様なスーツケースがあったりしますが、GPSを搭載する用途はロストバゲッジ対策が主であり、荷札を読み取って自動で荷物を振り分けて目的地のカーゴまでスーツケースを運んでくれる搬送システムが整っている空港であればその様なロストバゲッジが発生する可能性もほぼありませんし、もしロストバゲッジしたとしてもほぼ西側先進国であれば100%荷物は滞在場所まで届けてくれますので、あってもなくても良い様な機能で、その様な機能は一切この「Ready」には搭載されていません。 


“使える機能だけを厳選して搭載したキャリーオン・スーツケース「Ready」” の続きを読む