何時でも誰でも同じコーヒーの味を出す事が可能なコーヒードリッパー「Draw by drip server」

コーヒーをコーヒードリッパーを使って淹れる時の重要な要素は、挽いたコーヒー豆の量、挽き目(挽いたコーヒー豆の細かさ)、お湯の量、コーヒーを淹れる時間の4つで、これら要素のうちどれか1つでも違うと抽出されたコーヒーの味は変わって来ます。
それを知っている方は計量器で1g単位で豆の量や水の量を計り、時計やスマートフォンのタイマー機能を使って2分30秒かけてお湯をゆっくりと注いでドリップさせます。

と言いますのは豆の量やお湯の量も味を決める要素である事には間違いないのですが、それ以上にドリップする時間がとても大事なのです。

ペーパードリップの場合は標準的には2分30秒かけて一定量のお湯を注ぐのが、豆の種類によらず一番美味しく頂ける時間となっており、これが30秒早い2分になると水っぽくなるだけでなく、香り、酸味、苦味と言ったコーヒーを美味しく感じる要素のどれもが不足します。
一方30秒長く3分かけてドリップすると香りは更により濃く立ちますが、渋味や苦味も増すと言った様にたった30秒足らずでまるで違う豆を使って淹れた様な味へとコーヒーは変化します。
ですからコーヒーを淹れるにあたり時間は非常に重要で、今回は指示通り淹れれば誰でも一定の味の美味しいコーヒーを淹れる事が可能なコーヒードリッパー「Draw by drip server」をご紹介致します。


“何時でも誰でも同じコーヒーの味を出す事が可能なコーヒードリッパー「Draw by drip server」” の続きを読む

コーヒーの美味しさをより引き立たせるフレンチプレスの欠点を完全に克服したフレンチプレス・マシン「FLASK」

みなさんは”フレンチプレス”と言うコーヒーの淹れ方はご存じでしょうか?
日本ではお茶の文化がある為か、茶こしを使って煎茶を淹れるイメージでコーヒーも淹れる事ができるため、馴染みがあるからなのかペーパードリップ方式の方が幅広く知れ渡っています。
ただ最近は大手コーヒーチェーン店ではエスプレッソをベースにした様々なコーヒーが提供されている為に、自宅でもエスプレッソを淹れてと言う方も増えて来てはいますが、エスプレッソを淹れるには専用のマシンが必要ですし、どこでも淹れられるわけではありません。
ですがフレンチプレスはポータビリティ性の高い製品もあり、どこででも淹れる事ができ、なおかつ味に深みを与えるコーヒーオイルを抽出する事ができますので、ペーパーフィルターでは味わった事のない味が楽しめるのが特徴です。

ただこのフレンチプレス、急須に茶葉を入れて淹れる煎茶と同じで、容器の中に直接挽いたコーヒーの粉が残り洗うのが面倒なのです。

ところが今回紹介する「FLASK」は淹れた後のコーヒーの粉をワンプッシュで捨てる事ができる為、清掃が楽ですし、もし2杯目を淹れようと思えば洗わなくて淹れる事だってできる画期的なフレンチプレス・マシンです。


“コーヒーの美味しさをより引き立たせるフレンチプレスの欠点を完全に克服したフレンチプレス・マシン「FLASK」” の続きを読む