ホーム > タグ > ボケ気味

ボケ気味

デジタルには出せない味のある”ボケ”を演出する事ができる一眼&ミラーレスカメラ用ピンホールレンズ「Pinhole Pro S」

現在は昔では考えられないくらいコンピュータの処理速度が向上し、一昔前なら数秒の動画にモザイクをかけるに何日もかけないと映像処理できなかったのもが、今では映像には映っていないモノを合成したり、映像に合わせて違和感なく動かす事だって簡単にできてしまいますし、逆に映像から不要な物体をリアルタイムで抜き出し、そして抜いた部分に違和感のない風景を描画して合成する事だって簡単にパソコンでできたりしてしまう時代です。

ですがそこであえて、デジタルでの鮮明な処理ではなく、アナログ感を全面に出す事で見る人、見る人で違った印象を与える様な味のある写真や動画が撮影できる各社一眼レフやミラーレスカメラで使う事のできるピンホールレンズ「Pinhole Pro S」を今回はご紹介致します。

全文を読む

シャープでキレのあるピント面と渦巻きボケが魅力的なオールドレンズ「BIOTAR 75/f1.5」

 今回紹介するBIOTAR(ビオター)レンズはオールドレンズをこよなく愛する方であれば一度はこのレンズを愛用のカメラに取り付けて撮影してみたいと思わせるレンズで、シャボン玉がその空間全てを覆い尽くしているかの様な風景が撮影できるトリオプランレンズ同様に戦前にドイツで開発されて戦前・戦後に販売されたレンズです。

 このレンズの特徴は何と言ってもピント面はシャープにクッキリとしたエッジでデュアルレンズを使って3D撮影しなくてもピント面の被写体は回りの風景からは切り離された様に浮かび出ているかの様に写るのですが、その回りの風景はグルグルとした渦巻きフィルターがかかっているかの様に時計回りに流れている絵が撮れるのがこのビオターレンズの特徴で、今回紹介する「BIOTAR 75/f1.5」はビオターレンズの中でも焦点距離75mm、F値1.5の復刻レンズになります。

全文を読む

Home > タグ > ボケ気味

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。