天候に合わせてレンズを簡単かつスピーディーに交換可能なウインタースポーツ用ゴーグル「MW Goggles」

スキーやスノーボードを滑る時に眼を保護し、視界をよくするゴーグルも最近は天候によってレンズを変える事ができるタイプのものが増えて来ています。
と言いますのも晴れた日には紫外線の他に可視光線もカットしないとゲレンデの雪で反射された太陽の光が明るすぎて周囲の状態がハッキリ見えません。
一方、曇っていたりすると晴れた日に使うレンズですと可視光線をカットし過ぎてしまい見える世界が暗くなりかえって見辛くなりますし、吹雪いている様な時には吹雪く雪の中で路面をハッキリと認識させるにはコントラストをハッキリと見せる処理を施したレンズが必要になっていきます。

ですからそれぞれレンズの違うゴーグルを持つよりもレンズが交換できるゴーグルの方が荷物が減り携行性も良いのですが、一番の難点はレンズを取り替えるのに時間がかかる事と、外国製のものが多く日本人の顔に合うゴーグルが少ない事です。

そこで今回は、日本人の顔にも合い、そしてゲレンデでもスピーディーにレンズ交換作業が可能なゴーグル「MW Goggles」をご紹介致します。


“天候に合わせてレンズを簡単かつスピーディーに交換可能なウインタースポーツ用ゴーグル「MW Goggles」” の続きを読む

チェキのフィルムが使えレンズ交換が可能なインスタントカメラ「The Lomo’Instant Automat Camera」 

デジタルカメラが普及し撮影した写真はデータをCDに焼いたりメモリーにコピーしたりしてやりとりができる様になり、その後カメラ付きの携帯電話が出てメールに添付して送れる様になり、今はスマートフォンでLINE等のSNSで簡単に撮影した画像は交換できる様になりましたが、その昔は写真は写真屋さんに現像に出さなければ撮影した写真を見る事はできませんでしたし、その場で撮影した写真をプリントしてくれるインスタントカメラはその場で渡す事ができるカメラとして多くの人が持っていました。
ですがデジカメの普及と共に売れなくなり一時はフィルムを手に入れるのも大変な時代がありましたが、最近は撮影した写真をデコったりコメントを書いたりしてやり取りできる事から若い人たちの間で少しずつブームになって来ています。

ただインスタントカメラは今だにほぼカメラ任せで画角に至ってはレンズは単焦点なので変える事ができません。そんな画角にバリエーションのないインスタントカメラに交換用レンズを用意して撮影バリエーションを増やしたインスタントカメラがこの「The Lomo’Instant Automat Camera」です。


“チェキのフィルムが使えレンズ交換が可能なインスタントカメラ「The Lomo’Instant Automat Camera」 ” の続きを読む

踏んでも壊れない、1000種類以上もあるパーツを自由に組み合わせできるサングラス「Sili」

最近、外に出ると太陽がやたらと眩しいと感じる事ってありませんか?それは紫外線の影響です。
オゾン層が薄くなっていると言う事を最近は見聞きする事は少なくなっていますが、確実にオゾン層が薄くなっていっており、10年事に地球に降り注ぐ紫外線の量は焼く3.5%~5%の割合で増えています。つまり現在30歳の方なら単純計算で子どもの頃と比べると10%以上に増えているワケなのです。そして紫外線が目に入ると起こるのが眼の黒目部分である角膜に炎症が起こって起きる角膜炎で、これが目が痛いだとか光が眩しいだとかと言った自覚症状になって表れているのです。

そんな目へのUV対策として一番有効なのがサングラスですが、ちょっと奮発して買ったサングラスを小さい子どもに悪戯されて折られたり壊されたりしてしまったって事は子どもさんをお持ちの方なら誰しも経験されている事です。
そんな子どもの悪戯にも負けないサングラスがこの「Sili」です。

“踏んでも壊れない、1000種類以上もあるパーツを自由に組み合わせできるサングラス「Sili」” の続きを読む