テントやタープがなくても大丈夫!!キャンプデビューや車中泊に最適な車と連結するワンタッチキャビン「CARSULE」

キャンプに興味はあるけれどキャンプ道具を揃えるのって高いしなぁ〜、そんな事を思っている貴方に、最近は何でも貸し出してくれるキャンプ場もあるんですよよ。
昔からキャンプ場の一部にバンガローが建ててあり、そこを利用すると言うキャンプ場はありますが、せっかくならテントに寝泊まりしたいと言う方の為に最近は、テントとタープと、そして調理道具一式を既に設営し終えた状態で、後は利用するだけと言うキャンプ場もあるのです。

ただ利用料金はバンガローと同じか、ちょっとお高めに設定されている所が多く、道具を一式購入するかどうか悩まれる方が多いのも事実です。

ただそれ以前に家族や、仲間が継続してキャンプについて来てくれるのか?それが一番の問題です。
せっかくキャンプ道具一式を買い揃えたのに、1回目のキャンプで飽きたり、嫌になったりして2回目誘っても誰も誘いに乗って来ない、なんて事になれば折角高いお金を出して買い揃えたキャンプ道具も可愛そうです。

そこで今回はお試しで大自然の中でキャンプを楽しむ事ができるワンタッチキャビン「CARSULE」をご紹介致します。
“テントやタープがなくても大丈夫!!キャンプデビューや車中泊に最適な車と連結するワンタッチキャビン「CARSULE」” の続きを読む

ワンタッチでカパッと開くので外す必要のない、紛失の心配がない52mm径レンズキャップ「LENSCAPT」

みなさん、一眼レフのレンズキャップの役割についてご存じでしょうか?
あのレンズキャップってただ単に飾りとしてついているのではなく、レンズにホコリやゴミが付着するのを防ぐと共に、レンズを保護する役目を担っています。
と言いますのも一眼レフのレンズはスマートフォンのカメラのレンズとは比べものにならないくらい大きいので、静電気も帯電し易いのでホコリやチリが付着しやすく、写真を撮影した際にそのレンズに付着したホコリやチリが影となって写真に写り込んで写真を台無しにします。

更にレンズ口径が大きい事で机や柱や扉のノブなど飛び出た部分にレンズを当てやすく、またレンズの当たった場所が悪ければ最悪の場合はレンズが割れ、そうでなくてもレンズが当たった勢いで外れたりと言う事もたまにあったりと、レンズキャップがいつの間にか外れ落ちていて、こう言った最悪のケースに合った事があると言う方も少なくはないのではないでしょうか?

そこでそう言う最悪の事態を回避するレンズキャップ「LENSCAPT」を今回はご紹介致します。


“ワンタッチでカパッと開くので外す必要のない、紛失の心配がない52mm径レンズキャップ「LENSCAPT」” の続きを読む