テントやタープがなくても大丈夫!!キャンプデビューや車中泊に最適な車と連結するワンタッチキャビン「CARSULE」

キャンプに興味はあるけれどキャンプ道具を揃えるのって高いしなぁ〜、そんな事を思っている貴方に、最近は何でも貸し出してくれるキャンプ場もあるんですよよ。
昔からキャンプ場の一部にバンガローが建ててあり、そこを利用すると言うキャンプ場はありますが、せっかくならテントに寝泊まりしたいと言う方の為に最近は、テントとタープと、そして調理道具一式を既に設営し終えた状態で、後は利用するだけと言うキャンプ場もあるのです。

ただ利用料金はバンガローと同じか、ちょっとお高めに設定されている所が多く、道具を一式購入するかどうか悩まれる方が多いのも事実です。

ただそれ以前に家族や、仲間が継続してキャンプについて来てくれるのか?それが一番の問題です。
せっかくキャンプ道具一式を買い揃えたのに、1回目のキャンプで飽きたり、嫌になったりして2回目誘っても誰も誘いに乗って来ない、なんて事になれば折角高いお金を出して買い揃えたキャンプ道具も可愛そうです。

そこで今回はお試しで大自然の中でキャンプを楽しむ事ができるワンタッチキャビン「CARSULE」をご紹介致します。

ワンボックスやSUVと合体するキャビン

では一体キャンプには最低何が必要なのでしょうか?
それは寝泊まりするテントと、雨風を凌げるタープです。
もちろん調理する為のコンロや作業台等があれば尚更ですが、お試しでキャンプをしてみると言うだけであれば食べ物は最初は調理済みのお弁当を持参したり、BBQコンロ1つだけを持って行って、BBQを楽しむ程度にしておけば出費もそう嵩みません。

そこでこの「CARSULE」は車と組み合わせる事で立派にキャンプを楽しむ事ができる環境を提供してくれます。

この「CARSULE」は2m四方のワンタッチタープ(よくみなさんが海やプールで使われる、ワイヤがフレームの中に入っていて、自分で形を整えて広がるテントorタープで、畳む時にどの方向にワイヤーを曲げたら薄く平らに折り畳めるのか迷うテントorタープと同じです。)で、ワンボックスやSUVと言った背の高い車のバックドアと密着させて使うタープになります。

そしてこの「CARSULE」内では基本は昼間はテーブルを広げて食事やゲームをしたりする事ができ、夜は車の中で寝るチームと、この「CARSULE」に寝袋やエアマット等を広げて寝るチームに分かれて寝る事で、テントとタープの両方の役割を果たしますし、この「CARSULE」が普通のタープと違うのは3面の開口部はネットとシートの2重構造になっており、虫の侵入を防止すつつ風通しを確保する事ができる様になっている事です。

自立するので海やプールでも使えます

またこの「CARSULE」は車と合体させなくても自立させて使う事もできますので、海やプールと言った場所で使うテントorタープとしても利用できます。
もちろん風に飛ばされない様にロープやペグと言った部品も一式付属していますし、天井や壁のシートは熱線防止シートを使用しており夏の強い日差しを跳ね返して中が暑くならない工夫も施されています。

またこの「CARSULE」は連結して使う事も想定されており、2つこの「CARSULE」を用意しておけば大人8人くらいまでは座って利用する事ができますし、車ではなくこの「CARSULE」で寝たいと言うのであれば親子4人が十分足を伸ばして寝る事ができる大きさがありますし、もちろんキャンプではなくても旅行で車中泊するなら場所にもよりますが、この「CARSULE」を広げて食事をしたり寝たりと言う事もできますので、もし興味を持たれた方は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/962021031/carsule-a-pop-up-cabin-for-your-hatchback-car

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です