視力を継続的に計測できるだけでなく、近視・遠視・乱視まで計測可能なスマホde視力チェック「EyeQue VisionCheck」

みなさん視力は大丈夫ですか?
視力は体調とも連動して日々変化し、徐々にですが年齢を重ねると共に老眼が入ると共に乱視も入って来て段々とモノを見る事が辛くなって行きますが、視力は非常に変化がゆっくりですので、本人的にはちょっと今日は見辛いかな?と言う程度で視力が悪くなっていると言う自覚は全くありません。

そこで見辛いからと眼鏡を作り直すのは良いのですが、均一価格の眼鏡店と言う事で見に行ったのに、本人的にはあまり気に入らないフレームだったにもかからず煽てられるままに勧められ、更にレンズも標準ではないレンズに追加でUV加工や着色まで勧めらてかなり余分な出費をしてしまったと言う気弱な方に、視力を自宅で簡単にスマートフォンで計測できるだけでなく、眼鏡を作る上で必要な度数情報まで計測できる「EyeQue VisionCheck」を今回はご紹介致します。


“視力を継続的に計測できるだけでなく、近視・遠視・乱視まで計測可能なスマホde視力チェック「EyeQue VisionCheck」” の続きを読む

スマートフォンを使用して簡単に乱視まで測定可能な特許取得済み視力測定システム「EyeQue」

 スマートフォンやタブレットを長時間見ている子に”目が悪くなるからそろそろ見るのをやめさない”と言ってもなかなか止めようとはしません。かと言って実際に視力を計測して”視力が悪くなっているのだからやめなさい!!”と計測してみようと自宅でランドル環と言ってあちこちの方向を向いている”C”の字書いた表を見せて行う視力検査でも、測定環境(周囲の明るさ等)や測定する時間帯や測定までに何をしていたのか?によっても差は出て来ますし、何より記憶力の良い子どもはすぐに空いている方向を覚えてしまったり、スマートフォンを使った視力測定でも実際の視力が正確に計測できているのか疑問です。
 それに大人でも視力検査する機会など、車の運転免許証の切替えの時くらいしかなく日常そんなに見る事に不自由しなければ眼科等に視力検査を受けにいったりもしません。ですが、視力って歯と共に失ってしまえば元に戻る事はほぼありませんから気になる事は気になります。そんな視力を正確に短かにあるスマートフォンを使用して簡単に計測できるのがこの「EyeQue」です。


“スマートフォンを使用して簡単に乱視まで測定可能な特許取得済み視力測定システム「EyeQue」” の続きを読む

レンズのピント調整機能がついて近眼でメガネがなくても楽しめるVRヘッドセット「Nunulo」

VR(バーチャルリアリティ)って以外と手軽に体験できるのをご存じでしょうか?みなさんご存じのYouTubeでもYouTube360°と言うサービスでVR映像を配信しており、スマートフォンさえ持っていれば誰でもが手軽にVRを体験する事ができます。ただスマートフォンで体験しようと思うと2分割にされたスマートフォンの画面をそのままただ見つめていても立体に見る事はできず、スマートフォンをセットするオペラグラスの様なVRヘッドセットアダプタが必要になってきます。
そしてこのVRヘッドセットアダプタも今では何十種類もあり素材や負荷機能で値段も変わって来るのですが、一番安いのがダンボールで作られたVRヘッドセットアダプタなのですが、共通して言える事は高かろうと安かろうと自分の目の幅や視覚に合っていないものを使うと非常に眼が疲れてしまうと言う事です。

このVRヘッドセットアダプタも素材ヘッドセットには凸レンズが2個入っており、それぞれ左右の眼でその凸レンズを通してスマートフォンの画面を見るのですが、殆どの製品のレンズはケースに固定されていますのでレンズを動かす事はできません。瞳孔の位置と凸レンズの中心(レンズの一番厚みのある部分)が合っていないとレンズの中心からちょっとズレた場所を通してスマートフォンの画面を見る事になりますから中心がズレた位置からレンズを通して見た映像は歪んでしまうのですが、眼は2つありますから両方の眼で見て得た映像に明らかな差があれば脳はその映像の差をどうにか処理して歪みを取ろうとします。

それが多大な負荷を脳の中で映像を処理する視床下部にかけ、いわゆる眼精疲労と言われる眼の奥が痛いと言った様な症状になって現れて来るのですが、それがひどくなれば眼精疲労どころかめまいや吐き気、頭痛と言った症状にまで発展してしまうのですが、この「Nunulo」は使う人の眼に合わせて変える事ができますからそう言う事が起こらないVRヘッドセットアダプタなのです。


“レンズのピント調整機能がついて近眼でメガネがなくても楽しめるVRヘッドセット「Nunulo」” の続きを読む