視力を継続的に計測できるだけでなく、近視・遠視・乱視まで計測可能なスマホde視力チェック「EyeQue VisionCheck」

みなさん視力は大丈夫ですか?
視力は体調とも連動して日々変化し、徐々にですが年齢を重ねると共に老眼が入ると共に乱視も入って来て段々とモノを見る事が辛くなって行きますが、視力は非常に変化がゆっくりですので、本人的にはちょっと今日は見辛いかな?と言う程度で視力が悪くなっていると言う自覚は全くありません。

そこで見辛いからと眼鏡を作り直すのは良いのですが、均一価格の眼鏡店と言う事で見に行ったのに、本人的にはあまり気に入らないフレームだったにもかからず煽てられるままに勧められ、更にレンズも標準ではないレンズに追加でUV加工や着色まで勧めらてかなり余分な出費をしてしまったと言う気弱な方に、視力を自宅で簡単にスマートフォンで計測できるだけでなく、眼鏡を作る上で必要な度数情報まで計測できる「EyeQue VisionCheck」を今回はご紹介致します。


実はこの視力チェック「EyeQue VisionCheck」には市販化された同じ機能を持った製品があり、この「EyeQue VisionCheck」はバージョンアップ版なのですが、全バージョンに比べて非常に使い易くなっています。

まず前バージョンと今回紹介する「EyeQue VisionCheck」は計測方法は同じです。スマートフォンに細長い筒を固定し、専用アプリケーションで視力をチェックして行くのですが、そのチェックは2本の緑と赤の線が重なりオレンジ色に変化するまで線を見続けながら移動させると言う作業を繰り返します。

その作業を全バージョンではスマートフォンの画面を見てタップしなければならなかったので両手でスマートフォンを持ち、筒を眼に押し当てなければならなかったので、人によっては押し当てすぎて眼を圧迫して正しく計測できない場合もありました。

そこでこの「EyeQue VisionCheck」ではその操作を眼に当てる筒に組み込む事で、筒の部分を片手で支えつつボタンを押すと言う形になった事で操作が非常にし易くなったのです。

またこの「EyeQue VisionCheck」にはPD値(瞳孔間距離)をスマートフォンで簡単に計測できるメガネが付属しており、度数情報と合わせて自分の眼に合うメガネをネットで注文する事ができ、自分の思い通りのメガネを安く作る事ができますし、このアプリからでもメガネは注文可能です。

また視力に問題のある方は継続的に手軽に自宅で視力を計測する事ができますので、過去の数値と合わせてどれくらい良くなっているのか?または悪くなっているのかが視覚的に確認できる良いツールですので、もし気になられた方は下記URLにて詳細はご覧ください。

https://igg.me/at/EyeQueVisionCheck/x/7929074

また英語が苦手だったり、直接投資するには不安がある。輸送トラブルや届いた商品が破損していたり動かないんだけど、どうしたらいいのだろ?
と言う不安がある方は、下記URLのRAKUNEWさんがオススメです。
商品の破損やトラブルに関しても直接、RAKUNEWさんが販売元と交渉して頂けますので安心ですよ♪
RAKUNEWさんの商品紹介ページは下記になります

https://www.rakunew.com/items/81238

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です