温冷自在だから、夏は冷たく冬はホカホカに保つ事ができるランチボックス「Numee Pack」

お弁当を職場や学校に毎日持って行っている方にとって、この暑さは天敵です。
何故ならお弁当箱の中の温度が上がるとそれに伴い雑菌も増殖する様になり、最悪は朝作ったばかりのお弁当で食中毒を起こすと言う事も有り得ます。

ですから夏はしっかりと保冷剤で冷やしておかなければいけないのですが、弁当箱の上に乗せた保冷剤って以外と早く溶けてしまうんですよね。
そして会社の様な空調の良く効いている場所であれば良いのですが、学校となると効いていたり効いていなかったりと微妙で、ちょっと心配にもなります。

そこで今回は専用の保冷剤がついたランチボックス「Numee Pack」をご紹介致します。
“温冷自在だから、夏は冷たく冬はホカホカに保つ事ができるランチボックス「Numee Pack」” の続きを読む

牛乳パックを3時間も6℃で保冷できるから安心な1L紙パック保冷容器「KeepCool」

この時期、紙パックに入った牛乳をついついダイニングテーブルの上に放置しておいて、心配になって勿体ないと思いつつ捨ててしまう事ってありませんか?
牛乳は特に低温滅菌してあっても約7.2度以下で保存する事が推薦されており、それ以上の温度になると一般生菌数(SPC)が増えてダイニングテーブルの上に1~2時間も放置すればもう飲まない方が良いのですが、朝のバタバタとした時間帯に子どもにぎ牛乳をせがまれてその都度冷蔵庫から出してコップに注いでまた冷蔵庫に入れておくなんて面倒な事できませんよね。ですがそれが一般生菌数が増えて飲めなくする原因なのです。
ですがペットボトルや缶用のは保冷容器が多々ありますが、紙パックの保冷容器って見た事ありませんよね。ですが一番外に出しておいて危ないの飲料は紙パックに入った牛乳で、それを冷たい状態保冷すると言う事は健康を守ると言う事にも繋がります。そんな紙パック、特によく家庭で使わている1Lの紙パックを保冷できる容器がこの「KeepCool」です。

“牛乳パックを3時間も6℃で保冷できるから安心な1L紙パック保冷容器「KeepCool」” の続きを読む