プラークチェックがスマートフォンで驚くほど簡単にできるハンディーカメラ「Plover」

人間、見えない場所で進行する症状は本当に厄介で、特に歯に関しては命を奪う事だってあります。
と言いますのも医療関係者の方からよく聞くのは、誤嚥性肺炎に罹患する原因の主原因がプラーク(歯垢)だからです。
プラーク(歯垢)は実は細菌のかたまりで、その細菌は元々空気中に含まれているものもあり、体温と唾液により高温多湿と細菌の繁殖条件としては最適な口腔内では食べ物を食べなくても自然と繁殖しそして蓄積されます。
そして歯の表面だけでなく歯と歯の間と言った場所どこにでもプラークは蓄積し、そして繁殖して増えて行き唾液を嚥下(飲み込む)した時に誤って気管支に入り、それが肺にまで到達して条件が悪いと菌が増殖して肺炎となるわけです。
ですから寝たきりになってしまった場合は歯が残っているよりも、総入れ歯の方がプラークの繁殖に必要な歯がない為に誤嚥性肺炎にかかる確率が低いのだそうです。

ですがそんな状況にならなくても、虫歯だけでなくプラークが原因で引き起こされる歯肉炎だとか歯槽膿漏だとか、歯に関係する疾患には誰しもかかりたくないですよね。

そこで今回は、歯に関係する病気に関わるプラークをいち早く発見する為のガジェット「Plover」をご紹介致します。


“プラークチェックがスマートフォンで驚くほど簡単にできるハンディーカメラ「Plover」” の続きを読む

時間のかかる歯の隙間の掃除をわずか数十秒で確実にクリーンに仕上げる歯間ブラシ「WINGBRUSH® 2.0」

みなさんは歯磨きの後の歯間ブラシってやっていますか?
歳を取ったり歯周病で歯茎が衰えて来ると、どうしても歯が痩せてきたり歯茎が痩せて来ると歯と歯の間に隙間が生まれそこに食べ物のカスや歯石がたまると歯周病の原因となります。
では歯周病になるとどの様な影響が出るのか?と言いますとまず歯を抜かなければならなくなり人工の歯を入れる事になります。次に歯周病が悪化して細菌が繁殖して膿みがたまると、その膿みが血液で運ばれて肝臓や腎臓や心臓に運ばれそこで菌が繁殖すると最悪は臓器不全と言う事にもなりかねませんし、例えば稀ですが腰に飛んでそこで膿がたまってひどい椎間板ヘルニアの様な腰痛を起こすと言う例もあり、そうなると最悪は抗生物質で散らす事はできずに手術で取り除かなければならなかったりします。
ですから歯ブラシでは歯の表面しか綺麗にする事しかできませんので、歯間ブラシが重要となって来るのですが、フロスにしても歯間ブラシにしても時間がかかる上に慣れないと歯の間に残った食べ物のカスや歯石が全く取れていない事がよくある上に、奥歯は特にフロスや歯間ブラシを通し辛かったりするのですが、今回紹介する「WINGBRUSH® 2.0」であれば初心者でもあってもとても簡単に歯の隙間を短時間で掃除する事ができますので、歯の隙間の掃除が嫌になると言う事がありません。


“時間のかかる歯の隙間の掃除をわずか数十秒で確実にクリーンに仕上げる歯間ブラシ「WINGBRUSH® 2.0」” の続きを読む