失敗しても大丈夫!!普通の陶器用粘土を使うから再利用できるセラミック3Dプリンター「CERAMBOT」

今まで陶器を3Dプリンターを使って造形しようとした場合、粉末状のセラミック粉を光硬化樹脂に混ぜ造形した後に焼結炉で焼結して完成させると言うのが一般的な方法でした。
この方法は光造形なのでとても精密なものが作れるのですが、造形スピードはフィラメントを溶かしながら造形するFDM方式には遠く及ばず、費用的にもかなり高価で、あぁあんなセラミック3Dプリンターで花瓶や食器が作れたどんなに素敵なのに…..と思われていた方にはとても高いハードルでした。

ところが今回紹介するセラミック3Dプリンター「CERAMBOT」は、FDM方式で使われているデルタ型の3Dプリント装置のヘッド部分を粘土を射出できるアダプターに変えただけの3Dプリンターなので3Dプリンターそのものも安くしかも市販の陶芸用の土が使えると言うのがメリットです。


“失敗しても大丈夫!!普通の陶器用粘土を使うから再利用できるセラミック3Dプリンター「CERAMBOT」” の続きを読む

遂に陶器も3Dプリントする時代の到来か!?粘土を使って造形する3Dプリンター「ClayXYZ」

 今まで陶器が造形可能な3Dプリンターがなかったわけではありません。「粉末焼結積層造形(SLS)/(SLM)」と言って粉末状の素材(セラミックの粉や金属粉)にレーザーを照射して焼結させて造形すると言う3Dプリンターは古くから存在しており、レーザーを使って造形しますので非常に精密な加工ができますので、耐久性の必要な金属部品をSLS方式の3Dプリンターで製作してそのまま機械に組み込んだりと言う事ができる様になっており、セラミック粉を使えば皿や花瓶や陶器製のマグカップまで作れてしまいますのでSLS方式の3Dプリンターを使えば陶器や磁器までも作れてしまうのですが、このSLS3Dプリンタで使われる材料は非常に高価で、しかも装置そのものも高価、運用コストも他の方式の3Dプリンターと比較すると圧倒的に高いので、なかなかSLS方式の3Dプリンターは個人で購入すると言うのは非現実的なのです。
 ですが中には陶芸にはまっていて3Dプリンターで陶器を製作してみたいと言う方もおられるでしょう。そんな方に遂に家庭で使える陶器製作専用の3Dプリンター「ClayXYZ」が登場しました。


“遂に陶器も3Dプリントする時代の到来か!?粘土を使って造形する3Dプリンター「ClayXYZ」” の続きを読む