防水と通気性を兼ね備え、そしてコーヒーの力で素足で履いても臭わないスニーカー「Rens」

靴において防水と消臭とは相反します。
それは防水は一般的に水が浸入する事を防ぐ為に繊維の網目を特殊な撥水効果のあるコーティングを表側から施したり、糸そのものを初めから撥水加工されたものを使用しつつ水が浸透しない様な網目が密な編み方をしているからです。
その為に外から水は浸透しませんが、足から分泌された汗も同じ水分なので外へと逃がす事はありません。
よって靴の中は高温多湿な状態となり雑菌や細菌の繁殖を促し、あの独特の得体の知れない臭いを醸し出します。

ただそうなると自分だけでなく周囲の人でも臭いに敏感な方は臭いの影響を受けますし、臭いに敏感ではない方でもその臭いを嗅ぐだけで胃腸の調子を狂わされる事もあります。

そこで今回は、防水と悪臭の発生防止と言う非常にハードルの高い問題を解決したスニーカー「Rens」をご紹介致します。
“防水と通気性を兼ね備え、そしてコーヒーの力で素足で履いても臭わないスニーカー「Rens」” の続きを読む

リアルに素足に近い状態で走る事ができるサンダルの様なラニングシューズ「iGUANEYE Jungle」

最近、 池井戸潤原作の小説「陸王」がドラマ化された事もあり、以前から”裸足”で走る事で足の感覚が鍛えられ、ランニングフォームも改善され怪我をしなくなるばかりか結果的に時間も短縮され素足による足へのダメージと言うデメリットよりも遙かにメリットのある事の方が多いと注目されています。
従来のスポーツシューズ、ランニングシューズは言うと足へのダメージを軽減する為にぶ厚いソールやエアクッションの様なものが靴底に仕込まれていました。
確かにクッションが多いと着地した時の衝撃はクッションが吸収してくれますので足に痛みが出ると言う事はありません。ただクッションで衝撃を吸収・分散する為に例えば踵で着地しているのか?つま先で蹴り出せているのか?と言う走るフォームにおいて重要な地面から伝わるフィードバック、感覚が鈍くなっているのも事実です。
ですからランイングに基本フォームもそうなのですが、例えば着地時に地面に足の裏ではなく側面だけが着地している様な場合、素足だと確実に足首を稲って捻挫しているような着地もクッションで吸収され大事には至りませんが、逆に言うといつ足首を捻挫してもおかしくない状況で走っているフォームでいる事は気付かないのでそのままです。
そしてそのままだと正しいフォームで走る事ができていませんから、いずれは怪我をするかもしれませんし、フォームもおかしいのでタイムに縮みません。

なので地下足袋ランイングシューズとなるのですが、それよりも本当に素足に近い状態で走る事ができるラニングシューズ「iGUANEYE Jungle」を今回はご紹介致します。


“リアルに素足に近い状態で走る事ができるサンダルの様なラニングシューズ「iGUANEYE Jungle」” の続きを読む