座っている姿勢を改善する事で腰痛や肩凝りを防止するフットレスト「sitBoard」

よくデスクワークの方に腰痛になったり、肩凝りになったりする方が多いと言われていますが、これは座る姿勢を改善する事である程度防止できる事はよく知らせていますので、人間工学に基づいて作られた椅子や、座る姿勢を改善するガジェットなどがこの世の中には多数あります。

ではどうすれば腰痛や肩凝りが起こり辛くなるのかと言いますと、上半身が垂直に立っている姿勢を座っていても維持できる事ができれば良いのです。
ただ疲れて来るとどうしても座っている姿勢は猫背になり、お尻は前方ズレ、立った状態だと杖をついて歩いている高齢者の方の様な姿勢になりますのでどうしても肩凝り・腰痛、最終的には背中、特に肩甲骨の間に痛みを感じたりします。

そこでそう言う姿勢にならない様にするフットレスト「sitBoard」を今回はご紹介致します。


“座っている姿勢を改善する事で腰痛や肩凝りを防止するフットレスト「sitBoard」” の続きを読む

寝ている間も首を真っ直ぐに保つ事で肩凝りや首凝りを低減する健康枕「True Pillow」

睡眠についてあなたは深く考えた事はありますか?
よく、夜中に何度も目を覚まして寝られないからと枕や敷き布団をよく買い換えると言う方がおられる一方、寝たら朝になり目が醒めるまで1度も起きないと言う方もおられます。

一体この違いは何なのかと考えると、1つ言えるのは寝返りが打てているかどうかと言う事です。よく寝たら寝返りも打たないで同じ姿勢でずっと寝続けられる方が健康的であると勘違いされている方がおられますが、実際は逆で何度も寝返りを打って姿勢を変えている人の方が健康的なのです。
その例が子どもです。子どもはよくゴロゴロと動きますが、あれは生まれつき寝相が悪いとかそう言うレベルのものではなく、しっかりと感覚器官が働いて回避行動を取っている証なのです。
つまりそれはどう言う事なのかと言いますと、よく正座した時に足が痺れると言う方がおられます。これは総腓骨神経と言う神経が圧迫される事による一時的な神経麻痺もありますが、長時間圧迫する事で血流が悪くなる事でも引き起こされます。つまり同じ姿勢で寝ていると同一ヶ所が圧迫されており、血流が悪化して来ますので(最終的には褥創(床ずれ)になったりもします)無意識のウチに寝返りを打って血流の悪化を防いでいるのです。

ですから身動きせずに寝ていると目覚めた時に身体が硬く感じる(血流が悪化した部分の筋肉が拘縮して硬くなっている)のはこの為です。

そこで今回紹介します特殊な形状をした「True Pillow」は仰向けに寝ると一見頭が穴にはまり込んで固定されて動けない様に見えるのですが、寝返りのし易さを追求した枕となっています。


“寝ている間も首を真っ直ぐに保つ事で肩凝りや首凝りを低減する健康枕「True Pillow」” の続きを読む

気持ちよさを追求した温めながらマッサージするトラベルピロー「Vasco Travel Pillow」

みなさんは乗り物での移動中に寝ると言う事はありますか?
海外では移動中のバスや電車の中で寝るなんて持ち物をご自由に持って行って下さいと言わんばかりに非常に危険な行為ですが、日本ではみなさん毎日疲れているのか、朝の通勤や通学、そして帰りの帰宅時間に電車やバスの中で気持ちよさそうに寝ている方をたくさん見かけますが、気持ちよく寝ていた時に限って目覚めた瞬間に首が固まってしまって回らなかったと言う事はありませんか?
この原因は大きく分けて2つあり、1つは筋肉疲労が元々あり(いわゆる肩凝りが酷い状態)、首の筋肉の拘縮が酷くなって全く伸縮しない状態と、カックン、カックンと乗り物の揺れに任せて頭が前後左右に振られて伸張反射(こむら返り)が原因でピクリととも動かないと言った場合などがありますが、これら症状による首の筋肉も拘縮、つまり固まってしまって動かないと言う現象は首の筋肉の血流を滞らせない様に保っておけば回避できる事ばかりで、血流を滞らせない様に保ちそして首凝りや肩凝りを防止・回避してくれるとっても嬉しいガジェットが今回紹介するトラベルピロー「Vasco Travel Pillow」です。


“気持ちよさを追求した温めながらマッサージするトラベルピロー「Vasco Travel Pillow」” の続きを読む